Snoop Doggが再びKanye Westをレイシストだと批判

今年の春、突如としてトランプ大統領の支持を表明したKanye Westによる「奴隷制は選択だった」という発言は大きな波紋を広げた。多方面から反論が寄せられる中、Kanyeを白人に加工した画像を投稿するなど、一際怒りを見せたのがSnoop Doggだった。『Ye』、『KIDS SEE GHOSTS』を始めとする作品群の連続リリース、Jimmy Kimmelの番組への出演やシカゴのラジオ局での謝罪などを経て一見落ち着いたかのように見えるこの問題だが、Snoop Doggの怒りは未だに収まっていないようだ。

Get ya mans. Get out part 3

snoopdoggさん(@snoopdogg)がシェアした投稿 -

トランプ大統領を模したキャラクターが登場するMV“Lavender”を発表するなど、以前より反トランプの立場をとっていたSnoop Doggは、今回ラジオに出演した際にトランプについて言及。「どうでもいいよ。でも、ちゃんとしろと言いたい。ああいう人間をレイシストというんだ、ふざけるな」と憤りをあらわにした彼は、続けて「あいつが人種の間に線を引きやがった。奴の前にそんなことは無かった。みんながそれぞれにお互いをリスペクトしあっていた」と、オバマ大統領の時期には緩和された人種間の格差や差別意識について語った。

やがて話題がKanye Westにまで及ぶと、Snoopは「Kanyeも忘れるな、あいつはファックだ」とコメント。Kanyeの発言から4ヶ月が経つが、未だに許せていないことがよく分かる。風化する気配を見せていたKanyeの奴隷制発言問題だが、やはり受けたショックや感じた怒りは薄れていない者の方が多そうだ。

主張や行動原理が移り変わることで知られているKanyeだが、今後自身の言動を振り返ってみて反省し、Snoop Doggの憤りを無くすことができるのだろうか?

RELATED

Snoop Doggがハリウッドウォークオブフェームのパネルに名前を刻まれ、「俺は俺自身に感謝したい」とコメント

ハリウッドの著名な俳優、映画監督、アーティストなどの名前が刻まれたパネルが配置された歩道「ハリウッドウォークオブフェーム」に、Snoop Doggのパネルが追加された。

Kanye Westが警察によって射殺された警備員の遺族を支援

警察官によって射殺されたシカゴの警備員Jamel Robersonの遺族をKanye Westが支援したことが明らかになった。

Pharrell WilliamsがKanye Westに「幸福を祈る」と呼びかけ、Kid Cudiを「自分にとって史上最高のラッパー」と絶賛

Complexにて公開されたインタビュー動画で、Pharrell WilliamsがKanye WestやKid Cudiについて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。