Kanye WestがDrakeとPusha Tのビーフに関与したことを認め謝罪 | Drakeはさらに追撃へ

先週シカゴのラジオ局WGCIに出演したことで大きな話題を呼んだKanye West。「奴隷制は選択だった」との発言や自身の大統領選立候補へのプランなど様々な話題に触れていたWGCIでのインタビューだったが、DrakeとPusha Tとのビーフについては自身の関与を一切否定していた。そんな中、Kanyeが9月5日に投稿したツイートにてDrakeへの謝罪を行なった。

一連のツイートには、Kanyeが本来Drakeと共に“Lift Yourself”を作ろうとしていたこと、その際Pusha TにQuentin MillerがDrakeのゴーストライターをしていた件を話してしまったことなどが綴られ、間接的にせよビーフに関与してしまったことを認める内容になっている。

最後にKanyeからDrakeへの敵意は無かったことや、Pusha TとDrake両者の音楽をリスペクトしており「ジェダイのレベルだと思っている」ことを述べてツイートは締めくくられている。

DrakeがシカゴのライブでKanyeをディスしたことを受けて、両者の間に出来てしまった溝を埋めようと思っての謝罪だったのだろうか。しかしながらDrakeは近日リリースされる予定のFrench Montanaとのコラボ曲でKanyeをさらに追撃しているという。

この曲がリリースされると今後の情勢も一気に変わっていきそうだ。

RELATED

クリスマスイヴに“Sicko Mode”と“Mo Bamba”を10時間聴き続けたYouTuber

“Sicko Mode”と“Mo Bamba”といえば2曲とも2018年を代表するバンガーであり、繰り返し聴いた人も多いのではないだろうか。

2018年にアメリカのストリーミングサービス上で再生された音楽の25%がヒップホップだったことが明らかに

2018年がヒップホップにとって重要な年であったことに異論はないだろう。Drakeがストリーミングサービスでの再生回数で様々な歴史的な記録を打ち立てたことも記憶に新しいが、昨年アメリカで再生された音楽の四分の一がヒップホップであったことが調査によって明らかになった。

Pusha-TがDrakeの『Scorpion』がグラミー賞の最優秀ラップアルバム部門にノミネートされていないことに「驚きはない」と語る

Pusha-Tが終結宣言を行い、一旦は落ち着いたとみられていたものの、先日のPushaのライブでの騒動など実は根が深いと思われるDrakeとのビーフ。特にPusha-TはDrakeのことが本当に気に食わないようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。