マイケル・ムーア監督がトランプ大統領に挑む新作『華氏119』が緊急公開決定

ブッシュ政権を猛烈に批判し、全世界2億ドル、日本でも興行収入17億円の問題作にして大ヒット作『華氏911』をはじめ、銃社会アメリカの実態を『ボウリング・フォー・コロンバイン』などで知られるドキュメンタリー監督マイケル・ムーア。

アメリカ社会に一石を投じ、議論と波紋を呼び続けるムーアの最新作『Fahrenheit 11/9(原題)』が邦題 『華氏119』として11月2日(金)TOHOシネマズ シャンテ他にて全国緊急公開となる。

第43回トロント国際映画祭ドキュメンタリー部門オープニング作品として現地時間9/6夜に全世界に先駆けて上映、第31回東京国際映画祭(10/25-11/3)への出品も決定している本作。ムーアが挑む今度の相手はなんと、アメリカ合衆国第45代大統領ドナルド・トランプ。タイトルの “119“とは、トランプの大統領当選が確定し勝利宣言をした2016年11月9日を意味。

トランプ大統領を取材するうちにムーアは「トランプは‘悪の天才’。感心するほどの狡猾さでトランプを笑っている私たちでさえ彼の術中にはめられている」ということを理解する。アメリカの国民はもちろんジャーナリストやメディア、憲法や司法システム、更には他国の政治や国民すら利用し、大統領の座にしがみつくトランプ。しかしムーアは本作で、トランプ・ファミリーが必ず崩壊するネタを暴露、トランプを当選させたアメリカ社会に鋭く切り込みを入れこの暗黒時代をどう抜け出すかのヒントを教えてくれるという。

11月の中間選挙に打撃を与える事はできるのか?ムーアVSトランプの宿命のリアルエンターテイメントが日本上陸となる。

Info

監督:マイケル・ムーア 『華氏911』 出演: アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ
配給:ギャガ
原題:Fahrenheit11/9/2018/アメリカ/カラー/5.1chデジタル/
©2018 Midwestern Films LLC 2018

11月2日(金) TOHOシネマズ シャンテ他 全国ロードショー

related

ジャン=リュック・ゴダール監督の追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催 | 『勝手にしやがれ』と『気狂いピエロ』を上映

ヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督で今月91歳で亡くなったジャン=リュック・ゴダールの追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催される。

『国道20号線 デジタルリマスター版』や空族が影響を受けたロードサイド映画3作も特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル』が開催

空族の富田克也監督による映画『国道20号線 デジタルリマスター版』や、空族が影響を受けたロードサイド映画3作品を特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル<選べ、失え、行け!2022>』が10/15(土)から新宿K’s cinemaで開催される。

NYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が公開

90年代のNYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が、10/21(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで公開される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。