Chance The RapperがNicki Minajを擁護

Nicki Minajが、自身のニューアルバム『Queen』が最新のビルボードアルバムチャートで2位になったため、2週連続で1位になったTravis Scottや音楽プラットフォームSpotifyに怒っている話題。

彼女の怒りは収まる気配を見せないが、ここにきて強力な味方が現れた。
その味方とは先日のSummer Sonicでの素晴らしいライブも記憶に新しい、Chance The Rapperだ。

Chanceは自身のTwitterでこのようにツイート。

「俺は、実在する不平等や支配に対する苛立ちを示すことが許されないなんて、想像することが出来ないよ。狂っているだとか嘘つきだとかひどいだとか怒っていると言われることなしにね。クソ野郎ども(Mfs=Motherfuckers)がある美しい女性(BW=Beautiful Women)に『あなたが感じていることはよく分かるよ、だけどあなたは間違った方法をとっている』って言ってるけど、、、なんなんだ?」
このツイートにNickiの名前は出てきていないが、BWがNickiを指していると思われる。
確かにChanceが言うように、不平等や差別に怒りを示す権利が失われてはならない。
しかし、今回のNickiの件は、どうも冷静さを欠いており、賛同を得られなくても当然のようにも思える。

偉大なラッパーになるためには知性が重要とNickiは語っていたが、今のNickiには知性は感じられないのが正直なところだ。
どうか冷静になって『Queen』たるところを世の中に示して欲しい。

RELATED

Chance The Rapperが婚約者のために地元のショップを貸し切りに

先日、7月に待望のニューアルバムをリリースすることを宣言したChance The Rapper。順風満帆な音楽活動を送っている印象のある彼だが、私生活も充実の一途をたどっているようだ。今週月曜日、Chanceは婚約者であるKirsten Corleyに思う存分買い物を楽しんでもらうため、地元シカゴのBarneysを貸し切りにしたとPage Sixが伝えている。

Chance The Rapperが7月にニューアルバムをリリースすると予告

Kanye Westとのコラボアルバム『Good Ass Job』を制作しているとしながらも2016年の傑作『Coloring Book』以来まとまった形の作品をリリースしていないChance The Rapper。そんな彼が、今年の7月にアルバムをリリースすることをアナウンスしている。

Chance The Rapperが支持を表明したAmara Enyiaのシカゴ市長選活動に40万ドルを寄付

昨年、現シカゴ市長Rahm Emanuelが辞意を明らかにしたことに対し、喜びを露わにするとともに次の市長選の立候補者Amara Enyia氏の支持を表明したChance The Rapper。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。