Chance The RapperがNicki Minajを擁護

Nicki Minajが、自身のニューアルバム『Queen』が最新のビルボードアルバムチャートで2位になったため、2週連続で1位になったTravis Scottや音楽プラットフォームSpotifyに怒っている話題。

彼女の怒りは収まる気配を見せないが、ここにきて強力な味方が現れた。
その味方とは先日のSummer Sonicでの素晴らしいライブも記憶に新しい、Chance The Rapperだ。

Chanceは自身のTwitterでこのようにツイート。

「俺は、実在する不平等や支配に対する苛立ちを示すことが許されないなんて、想像することが出来ないよ。狂っているだとか嘘つきだとかひどいだとか怒っていると言われることなしにね。クソ野郎ども(Mfs=Motherfuckers)がある美しい女性(BW=Beautiful Women)に『あなたが感じていることはよく分かるよ、だけどあなたは間違った方法をとっている』って言ってるけど、、、なんなんだ?」
このツイートにNickiの名前は出てきていないが、BWがNickiを指していると思われる。
確かにChanceが言うように、不平等や差別に怒りを示す権利が失われてはならない。
しかし、今回のNickiの件は、どうも冷静さを欠いており、賛同を得られなくても当然のようにも思える。

偉大なラッパーになるためには知性が重要とNickiは語っていたが、今のNickiには知性は感じられないのが正直なところだ。
どうか冷静になって『Queen』たるところを世の中に示して欲しい。

RELATED

6ix9ine、Nicki Minaj、Kanye WestのコラボMVの撮影費用に5500万円をつぎ込む

強盗や銃撃事件など様々なトラブルに巻き込まれがちなラッパー6ix9ineが、またもや銃撃を受けた。

Cardi BがNicki Minajに対する激怒のメッセージをInstagramに連投

今年の9月頃より始まったCardi BとNicki Minajとのビーフ。NYで開催されたICON’S パーティでは取っ組み合いの喧嘩に発展するなど、二大フィメールラッパーが激しく争う様子は大きな話題を呼んでいたが、ここに来て二人のビーフが更にヒートアップしつつあるようだ。

Chance The Rapperがシカゴ市長選には立候補せずにAmara Enyia候補を支援すると表明

先月、現シカゴ市長Rahm Emanuelが辞意を表明し、それに対し、喜びのコメントをしていたChance The Rapper。 その後、Chanceは自身のTwitterにおいて、シカゴのシティホールで記者会見を行うことをアナウンス。次のシカゴ市長選に立候補するのではと噂されていた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。