SpotifyがNicki Minajの批判に応答

先日、ニューアルバム『Queen』をリリースしたNicki Minaj。
最新のビルボードアルバムチャートではTravis Scottの『Astro World』には及ばず2位となった。

この結果を受けたNickiは、自身のTwitterでチャート1位の座を阻んだTravis Scottや音楽プラットフォームSpotifyに対し、怒りを露わにした。

そんな中、怒りの矛先を向けられたSpotifyがHits Daily DoubleにてNickiに対する声明を発表。

声明にはこう書かれている。
「Spotifyはタイムズスクエアの看板とともにNicki Minajを推したし、New Music Fridayなどの1番人気のあるプレイリストでも主役として収録した。彼女の曲‘Bed’は実際に、このキャンペーンによるプロモーションのおかげでストリーミング数が増加した。我々はNickiの大ファンであり続ける」と自分たちはしっかりプロモーションをしたと主張。

確かに『Scorpion』のときのプロモーションと比べると今回、Spotifyは若干控えめなプロモーションを行ったわけだが、再び過度な推しでユーザーから非難を浴びないようにこのような対応を取ったのならば、Spotifyの判断も妥当だと言える。

Nickiは自身のTwitterにおいて“ああ、火曜日のQueenRadioが待ちきれないわ”とツイートしており、次回のQueenRadioでSpotifyやTravis Scottについて語ることをほのめかしている。

彼女は『Queen』を発表してからというもの、多くの話題を提供してくれているが彼女が落ち着くのはいつになるのだろうか。

QueenRadioはAppleのBeats1で聞くことが出来る。

related

アーティストの撮り下ろしパフォーマンス映像を収めたSpotifyの企画『Go Stream』に宇多田ヒカルや星野源などが登場

人気アーティストのパフォーマンス映像を撮り下ろしたSpotifyの新企画『Go Stream』の第二弾に宇多田ヒカル、、星野源、Mrs. GREEN APPLEが登場する。

国内最大規模のヒップホップフェスティバル『POP YOURS』のSpotify公式プレイリストが公開

5月21日(土)、22日(日)に幕張メッセにて初開催されるヒップホップフェスティバル『POP YOURS』の公式プレイリストがSpotifyで本日3月3日(木)に公開された。

SpotifyとO-EAST、O-WEST、 O-Crest 、O-nestがネーミングライツ契約を締結

渋谷のライブハウスO-EAST、O-WEST、 O-Crest 、O-nestがSpotifyとネーミングライツ契約を結んだ。これにより12/1からSpotify O-EAST / Spotify O-WEST / Spotify O-Crest / Spotify O-nestにそれぞれ名称変更となる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。