『Queen』が初登場1位を逃したNicki MinajがTravis ScottやSpotifyに対して怒りを向ける

ニューアルバム『Queen』をリリースしたNicki Minaj。18万5000枚相当を売り上げ全米アルバムチャート初登場1位が期待された本作だが、惜しくもTravis Scottのアルバム『Astroworld』から1位を奪取できず2位となった。

この結果に対しNicki MinajはライバルのTravis ScottやプラットフォームのSpotifyに対し怒りを向けている。

NickiはTravisがアルバムをアーティストグッズや、日程が発表されていないツアーのチケットと一緒に売っていることを指摘し、Travisと話をした際に、Travisも自身のアルバムが全米1位ではないと知っていると述べ、自身のアルバムがナンバー1であると主張した。

さらにチャートを発行しているBillboardが、こうしたマーチャンダイズなどとのセット売りの算出方式を変える予定であるとも述べている。

怒りが収まらないのかNickiは、次はSpotifyに矛先を向けた。Nickiは現在AppleのBeats 1でラジオ番組を放送していることで、Spotifyが十分にプロモーションをしてくれていないことを述べている。確かにBeats 1で番組を持っているDrakeのアルバムはSpotifyでも盛大にプロモーションをされており、DrakeとNickiでどのような差があるのかは疑問が残るところだが、しかしNickiはまるでSpotifyのせいで1位が獲得できなかったと言わんばかりである。

これほどまでの1位獲得への執念はどこからくるのだろうか、もちろん評価が欲しいのは当然のことだが1位を獲得しなくとも良いアルバムというのはたくさんあるのは間違いない。

RELATED

Travis Scottがライブ中に現在収監されているA$AP Rockyへのエールを叫ぶ

一般人に絡まれたことで乱闘騒ぎを起こし、それによってスウェーデンで拘束を受けているA$AP Rocky。それを受けて、Travis Scottがライブ中に彼へのエールを叫んでいる。

アラバマ州の妊娠中絶禁止法成立を受けてTravis Scottがグッズの売り上げを全て妊娠中絶を行うNPOに寄付することを発表

先日、アラバマ州で成立した妊娠中絶禁止法。性犯罪による望まない妊娠を含め妊娠中絶を完全に禁止するこの法律に対しRihanna、Lady Gaga、Billie Eilishを始めとする女性アーティストたちが抗議の声を上げていることが報じられているが、そんな中Travis Scottが自身のマーチャンダイズの売り上げを全て妊娠中絶や経口避妊薬の処方を行うNPO団体Planned Parenthoodに寄付することを発表した。

Three 6 MafiaのDJ Paulが自身のフレーズを不正利用されたとしてTravis Scottを訴える

昨年を代表するアルバムとなったTravis Scott『Astroworld』。同作に収録された楽曲“NO BYSTANDERS”が原因で、トラブルが発生しているようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。