DrakeがシカゴでのライブでKanye Westをディス

Pusha Tとのビーフでは沈黙を保ったDrakeだったが、その件の間接的な影響もあるのか、ライブでPusha Tが社長を務めるG.O.O.D. Musicの創立者Kanye Westをディスした。しかも場所はあろうことか、Kanyeの地元であるシカゴでだ。

Drakeはシカゴでのライブで、歌詞中にKanyeについての言及がある"Know Yourself"をパフォーマンスした際に、オリジナルの歌詞の「Then Kanye dropped, it was polos and backpacks」という部分を、「Then Kanye flopped, it was polos and backpacks」に変更して歌った。原曲にもKanyeを間接的に否定するようなリリックなのだが、floppedには失敗したという意味がありより直接的な攻撃をしたということになる。

攻撃されたKanyeはDrakeとPusha Tのビーフの際は静観する姿勢をみせていた。しかしDrakeとKanyeにはお互いをサポートしつつも、主にDrakeがKanyeに対して攻撃的な姿勢をみせることがあった。しかし直接的な攻撃を公衆の面前で行ったのはかつてないことで、今後この2大ラッパーのビーフはどのように展開するのだろうか。

RELATED

Drakeがトロントラプターズの選手契約のミーティングに参加する可能性

先月のNBAファイナル2019で初の優勝を成し遂げたトロントラプターズ。その勝利に「Drakeの呪い」で大きく貢献したとの噂もあり、また同チームのグローバルアンバサダーも務めるDrakeが、なんと選手の契約を決める重要なミーティングに参加する可能性があるようだ。 Complexが報じるところに...

Chaka Khanが自身の楽曲をサンプリングしたKanye Westの“Through The Wire”を「馬鹿みたいだと思っていた」と明かす

Kanye Westの歴史的な名作となった1stアルバム『The Collage Dropout』。その中でもかなりのヒットを記録したシングル“Through The Wire”にはChaka Khanの名曲“Through The Fire”がサンプリングされているが、Chaka Khanが同曲を...

Ronny JがKanye Westとの『Yandhi』セッションについて明かす

昨年より製作中であることがアナウンスされながらも、未だリリースは未定となっているKanye Westの新作『Yandhi』。その制作に参加しているというプロデューサーのRonny Jが、Kanyeとのセッションの詳細を明かしている。   ...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。