Lil PumpがXXXTentacionを弔うタトゥーを自ら入れる

XXXTentacionが銃撃によって殺害されてから、早くも2ヶ月が経ったが、未だに多くのラッパーたちが様々な方法で彼に哀悼の意を捧げている。
Lil Pumpもその1人で、先日のライブではステージ上にXXXTentacionの母親を登場させ、追悼を行ったのは記憶に新しい。

そしてPumpは今回、XXXTentacionを弔うために、自身の腕にタトゥーを入れた。

Lil Pump inks himself in memory of XXXTentacion #LLJ

HotNewHipHopさん(@hotnewhiphop)がシェアした投稿 -

動画から分かるように、Pumpは腕に“LLJ”と彫っている。
この“LLJ”というのは“Long Live Jaseh”の頭文字をとったものでJasehはXXXTentacionの本名だ。
そして、驚くべきは彼が自分でタトゥーを入れていることだ。しかも手慣れているように見える。
やはり、今は亡き友へのタトゥーは自身の手で入れたいと思ったのだろうか。

Pumpだけではなく、Lil XanやDenzel Curry、Xの盟友Ski Mask The Slump GodそしてWifisfuneralなど数多くのラッパーがXXXTentacionを悼むタトゥーを体に刻んでいる。

Denzel CurryがXの未発表アルバム『Bad Vibes Forever』のトラックリストを公開したように、Xは生前、数々の未発表曲を残していたと考えられるが、その中にはおそらくPumpとの楽曲も存在することだろう。

Pumpが今週金曜日にドロップする新作『Harvard Dropout』にXとの楽曲は収録されているだろうか?

RELATED

Lil Pumpが「俺がいるからSoundCloudが存在している」と主張

先日は自身を「史上最もリリカルなラッパー」であると発言するなど煽りには定評のあるLil Pumpが、またしても突拍子もない主張を行なっている。

Lil Pumpがホームレスにピザを手渡しでプレゼント

先日はGucciのブラックフェイスセーター問題に抗議し、「Gucciはサポートしないが“Gucci Gang”は歌い続ける」と宣言したLil Pump。そんな彼が、バレンタインにチャリティーを行なったことが話題となっている。

Lil Pumpがブラックフェイス問題を受けてGucciを着ないと決意するも“Gucci Gang”は歌い続けると発表

先日、Gucciから発売されたマスク付きの黒のセーターが黒人差別に用いられて着た表現「ブラックフェイス」に酷似しているとして問題になった。これを受けてSpike Lee、Soulja Boy、T.I.、50 CentなどのアーティストがGucciの不買運動を呼びかけているが、どうやらLil Pumpもそこに加わるようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。