XXXTentacion射殺事件の4人目の容疑者がついに逮捕 | Denzel CurryがXXXTentacionの次作のトラックリストも公開

懸命な捜査が続けられていたXXXTentacion射殺事件だが、ついに4人目の容疑者が逮捕されたようだ。TMZによると今回逮捕されたのは、Trayvon Newsome容疑者でフロリダのブロワードで見つかったとのこと。地元警察はTrayvon容疑者のマグショットを公開している。

これにより、起訴された4人の容疑者全員が逮捕されたわけだが、この事件はどのような結末を迎えるのだろうか。そんな中、Denzel Curryが自身のInstagramに、故XXXTentacionの未発表アルバム『Bad Vibes Forever』のトラックリストらしきものを投稿したようだ。

Denzel CurryとXXXTentacionといえば共にフロリダ出身のラッパーだということもあってか、Xの生前から親交の深かった2人だ。
DenzelがXの死後、彼を弔うタトゥーを入れたことからも2人の親密さをうかがうことが出来る。

Denzel Curry got a tattoo in honor of XXXTentacion

XXLさん(@xxl)がシェアした投稿 -

彼はストーリーで画像を投稿したようで、現在その投稿を見ることは出来ないがHotnewhiphopにその画像が残っている。

紙に手書きで書かれたトラックリストには17曲書かれているようだが、16曲目と17曲目の詳細は端が切れてしまっていて読み取ることは出来ない。
1〜15曲目はこのような感じだ。

Bad Vibes Forever
1. "Demonic" (featuring Adam22)
2. "I Can't Write Love Songs"
3. "Selfless"
4. "Might Off Myself"
5. "your lonely star"
6. "Hell is to Close" (featuring IndigoChildRick)
7. "Run Forrest Run!"
8. "Wednesday"
9. "Geneva" (featuring Ethereal & Denzel Curry)
10. "Yung Bratz"
11. "Fake Friends"
12. "Broward Coward" (featuring Doja Cat)
13. "Didn't Think I'd Live This Long"
14. "Depression and Obsession" (featuring Abra & Nicole Dollanger)
15. "Deathwish" (featuring Robb Bank$)

投稿にはトラックリストとは別にフィーチャリングアーティスト一覧が書かれている紙も写っており、Denzel Curryはもちろん、Craig XenやFat Nick、Pouyaなどトラックリストには書かれていないアーティストも多く参加しているようだ。

リリース日などの詳細は明らかになっていないが、リリースされれば大きな話題となることは間違いないだろう。

RELATED

故XXXTentacionの遺族が代表曲“Look at Me!”のプロデューサーの一人に訴えられる

昨年の6月、銃撃によって命を落とし世界に衝撃を与えたXXXTentacion。彼がヒットするきっかけとなった代表曲“Look at Me!”のプロデューサーの一人が、彼の遺族を相手取り訴訟を起こしているようだ。

9th Wonderがグラミー賞の追悼コーナーにXXXTentacionが登場しなかったことについて「全員に追悼される権利がある」と語る

昨日開催されたグラミー賞の授賞式。グラミー賞ではその年に亡くなったアーティストの追悼が行われることが恒例となっている。Aretha FranklinやMac Miller、Aviciiなどのアーティストが追悼されたが、そこに昨年銃殺されたXXXTentacionが登場しなかったことが問題視されている。

KehlaniがR. KellyとXXXTentacionへの批判に対し持論を語る

Apple Musicの番組「Sunday Gems」に出演したKehlaniが、罪を犯したアーティストの楽曲を「ミュート」する運動に対して独自の考えを述べている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。