T.I.が泥酔し治安紊乱の疑いで逮捕される | T.I.側は逮捕は誤りだと反発

最近ではGucci Maneとの「トラップの起源論争」や、Kanye Westの新曲にも参加するなど精力的に活動していたT.I.が、昨日自宅近くで逮捕された。

WSBTVによれば、T.I.は深夜に外出から自宅のあるゲーテッドコミュニティに戻ってきたが、鍵を持っていないことに気づき、守衛に中に入れてもらいたいと依頼したところ守衛は拒否し、T.I.と彼が呼んだ友人と共に口論となり、エスカレートした結果、守衛に警察を呼ばれ公衆の面前での泥酔と治安紊乱の疑いで逮捕された。

ヘンリー郡の警察によればT.I.は「おれが誰だかわからないのか?」と述べていたという。

これに対しT.I.側は逮捕は誤りだと述べており、弁護士のSteve SadowがXXLに対してコメントを寄せている。Sadow弁護士は「T.I.は早朝に誤って逮捕された」と冒頭で述べており、「T.I.が守衛の事務所に着いたときに、守衛は寝ており、起こして、中に入れてもらおうとしたところ守衛が拒否した」と続けている。

T.I.は妻のTinyに電話し、TinyもすぐT.I.を中に入れるよう要請したが守衛は照明できないとして再度拒否、口論となり警察が呼ばれてしまった。警察はT.I.側の話に耳を貸さず、一方的に逮捕した」と弁護士はコメントした。

T.I.は保釈金を支払いすぐに釈放されている。

RELATED

T.Iが『Trap Muzik』がリアルなドラッグディーラーを描いた先駆けの作品だったと語る

T.I.といえば以前Gucci Maneとどちらがトラップを発明したのかという論争を繰り広げたことは記憶に新しい。 この議論は最終的に結論が出ることはなかったが、いずれにせよT.I.が今から15年前に発表したアルバム『Trap Muzik』が今のシーンに大きな影響を与えたことは言うまでもない。...

T.I.がトラップミュージックがストリートを脱出するための手段となったと語る

以前Gucci Maneとトラップの起源について論争を繰り広げたT.I.が、新作『The Dime Trap』をリリースする。リリース日は、T.I. 曰く「トラップが誕生した日」である8/19(日)(アルバム『Trap Muzik』の発売日)が予定されている。

Gucci Maneの伝記映画について、T.I.が「自分が先にオファーを受けた」と主張

「トラップの起源は誰か?」という問題で争いを繰り広げたT.I.とGucci Maneだが、今度はGucci Maneの、現在制作中の伝記映画を巡って問題が発生している。 T.I.はGucci Maneの伝記映画の監督であるBrian Gazerから「自分の方が先にオファーを受けた」のだという。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。