T.I.がキャンセルカルチャーはフェイクだと主張

自身が審査員を務めるオーディション番組『リズム+フロー』も話題となっているT.I.。そんな彼が今回、キャンセルカルチャーはフェイクだと主張した。

キャンセルカルチャーというのは、日本で言ういわゆる炎上に近いもの。TwitterやInstagramなど様々なSNSが普及し、今やあらゆる人々が情報を発信出来る時代になった。しかし、その中で度々起こるのがいわゆる炎上である。とりわけインフルエンサーやセレブリティはひとたびその言動が炎上すれば、キャリアの進退に関わってくるのは周知の通り。そのような現象のことを海外ではキャンセルカルチャーと表現するのである。

そして今週火曜日、人気番組『Tamron Hall Show』に登場したT.I.がそんなキャンセルカルチャーに言及している。

「俺が思うに、全てのキャンセルカルチャーはフェイクだ」と一刀両断した彼は続けて、「‘First they hate you, then they love you, then they hate you again,(最初に奴らはお前を憎み、そして奴らはお前を愛し、その後また奴らはお前を憎むんだ)ってJay-Zも言ってただろ」とJay-Zの2002年にリリースされた楽曲“Meet the Parents”のリリックを引用し、自身の考えを述べた。

さらにT.I.は度々その言動が物議を醸すKanye Westを引き合いに出し、キャンセルカルチャーがフェイクである理由について語っている。
「皆、Kanyeみたいな奴をキャンセルしようとするんだ。今、俺は彼(Kanye)の考え方には反対だ。俺が同意しかねる様々なことを彼は言っているし、色んな立場や見方から彼は話している。でも、それは彼が驚異的なアーティストであり、素晴らしい音楽を作ってきたという事実から離れさせる理由にはならない」と彼は現在のKanyeの考えには賛同しかねるものの、それを理由にして彼をキャンセルするのは違うと主張。加えて、「もし、お前らがKanyeをキャンセルしたとしても、同じタイミングでGucciのブラックフェイスセーターみたいなのを着てた奴が居たらかっこいいって思うんだろ。だから、お前らはGucciを着続けるけど、Kanyeのことはキャンセルするんだ」と述べ、いわゆるダブルスタンダードを皮肉っている。

今年初めに、差別的だとして問題になったGucciのブラックフェイスセーターに対して、当初から反対の姿勢を示していたT.I.だったが、Young ThugKodak Blackなどは逆に擁護の姿勢を見せていた。つまり上でT.I.が言いたいのは、Kanyeの言動は非難するのに、ブラックフェイスセーターを着たYoung Thugを非難しないのはおかしいということだ。

今回、T.I.はアメリカにおけるキャンセルカルチャーについてフェイクだと主張したわけだが、彼の主張は日本でもおおいに当てはまると言えるだろう。

related

Kanye WestのドキュメンタリーがNetflixに3000万ドルで購入される

アルバム『JESUS IS KING』以降まとまったリリースは無いながらも、昨年の大統領選やKim Kardashianとの離婚、GAPとのコラボレーションなど何かと話題の尽きないKanye West。そんな彼のドキュメンタリーが、Netflixに高額で買収されたことが報じられている。

Kanye Westが離婚に伴う引越しで約1トンにも及ぶスニーカーコレクションを移動させるとの報道|「Sunday Service」スタッフへのギャラの未払いで訴訟も

進学や就職、あるいはパートナーとの別れといった人生の転機と共に、引越しを行った経験のある方も多いだろう。しかし、そんな時に厄介なのが荷物の移動だ。中でも洋服やスニーカーを集めている方はパッキングや移動に骨を折ることとなるが、ファッションを牽引する存在であるKanye Westは、やはり桁違いの苦労を抱えているようだ。

adidasとKanye Westのコラボから人気モデル『YEEZY BOOST 350 V2』が再登場

adidasとKanye Westのコラボレーションから、人気モデル『YEEZY BOOST 350 V2 Core Black/ Core Black/ Red』が抽選販売で再登場する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。