Kodak BlackがGucciのブラックフェイスセーターへの批判に対し「あれは差別じゃない」と反論

言わずと知れたラグジュアリーブランドのGucciが発売した黒のセーターが問題となっている。セーターは鼻の下まで覆うマスクがついており、口の部分に穴があき周りを赤いラインが縁取るデザインとなっている。これが古くから黒人を差別する表現として用いられてきた「ブラックフェイス」と酷似している、として批判の対象となった。

ラッパーにもファンの多いGucciだけあって、このブラックフェイスセーターにはT.I.やSoulja Boyなどのラッパーが抗議活動を開始した。しかし今回、Kodak BlackがGucciを批判する人々に対し反論している。

Kodak BlackはInstagramライブにて、「俺が買ったGucciの服を見ろよ。俺はこれを着てる。俺は黒人だろ?そして、俺は骨の髄までサグだろ?でも、時々黒人は何の理由もなく文句をつけるんだ。ただ文句をつける」と、自身は黒人だが何も気にしていないことを強調。そして「あいつらは何もしてない。差別的なことなんて言ってないだろ。あいつらはスキーマスクを作っただけだ。世界中にある他のスキーマスクと同じだ。奴らはレイシストじゃない。あいつらを批判するなら、KKK相手にやれよ」と、Gucciに差別の意図は無いとして擁護した。

確かに、問題のセーターは必ずしもあからさまにブラックフェイスを連想させる程に酷似している訳ではない。しかし昨年にもPradaの猿のキャラクターが「ブラックフェイスに似ている」と批判されるという今回と類似したケースが発生しているため、やや迂闊な判断だったとも言えるだろう。モデルを務めているのが白人であることも、より問題のある表現に見えるよう火に油を注いでいるように受け止められる。

Kodak Blackが気にしなかったとしても、この件によって感情を害した人間は多く存在している。アメリカにおいてポリティカリーコレクトネスの意識が改善されてきた昨今だからこそ、表現やデザインには慎重にならざるを得ないのが現状だろう。

related

【コラム】 Asian Hate Crimeを知る | アメリカで何が起きているか?

東アジア系と思しき老人が歩いていたら、フードを被った男性が後ろから近づいてきて、いきなり殴り倒した。1月、カリフォルニア州サンフランシスコとオークランドの路上で別々に起きた、よく似た事件を捉えた防犯カメラの映像が、SNSを席巻した、これを見て、体内の血が冷えるような思いをしてから2カ月。ジョージア州でアジア系が経営するマッサージ店など3店舗を立て続けに狙った乱射事件がおき、アジア系の女性6人と白人の男女一人ずつ、8人の死者が出る惨事となった。

GUCCIから2021 SSアイウェアコレクションが登場

GUCCIから2021 SSアイウェアコレクションが登場。

Lil Yachtyがトランプ大統領にKodak Blackを釈放するよう要求

2019年に銃器所持の罪によって3年10ヶ月の服役を課されたKodak Black。以来今年に至るまで収監され続けている彼のために、Lil Yachtyが立ち上がったようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。