adidas Originals by Alexander Wangからワークウェアにフォーカスを当てた新作が登場

adidas Originals by Alexander Wangのシーズン3からワークウェアにフォーカスを当てた新作が、5/19(土)から全世界の限られたセレクトショップ、adidas OriginalsとAlexander Wangの直営店とオンラインで発売される。

今シーズンは、工場での検品作業からインスパイアされ、品質管理基準や出荷不良品などのアイディアをモチーフにクラシックなadidasのアイコンを再構築。ワークウェアにフォーカスを当てた新作では、ピクセル化されたフォントの "CAUTION: DO NOT REMOVE (注意。取り外し厳禁)"というモチーフがパンツ、Tシャツ、ドレス、ジャケットの全面にプリントされている。

SS18_AOxAW_S3_DROP_2_LOOK_20_047-PR_High

SS18_AOxAW_S3_DROP_2_LOOK_15_0139-PR_HIGH

SS18_AOxAW_S3_DROP_2_LOOK_18_0087-PR_HIGH

DT6569_PRAPPFRONT_FI

DM9689_PRAPPFRONT_FI

DM9686_PRAPPFRONT_FI

DM9685_PRAPPFRONT_FI

本ドロップ初登場のウィメンズでは、スリムフィットでクロップド丈のトラックジャケットAW Crop TT 、セットアップのショーツとトラックパンツ、そしてトリコットとジャガードのベビードレスAW Dressが登場。フロント全面に大胆にグラフィックを施したコーチジャケットAW Coach Jacket  はハイテク素材と洗練されたカッティングでモードな仕上がりに。

CZ8319_PRAPPFRONT_FI

SS18_AOxAW_S3_DROP_2_LOOK_10_0056-PR_HIGH

SS18_AOxAW_S3_DROP_2_LOOK_12_0177-PR_HIGH

Wangのお馴染みモデルBinx Walton, Hanne Gaby Odieleを起用したキャンペーン画像は、混沌としたバックオフィスで働く工場長の1 日というテーマで撮影。コピー用紙が積み重なったオフィスでブラインドに頭を突っ込んだり、家具の上ではしゃぎ回るBinxとHanneの無邪気な姿は、独特な世界観で作品を生み出すことで知られる気鋭フォトグラファーBrianna Capozziによって撮影された。

CREDITS
Concept and campaign creative direction: Ferdinando Verderi of Johannes Leonardo
Campaign imagery: Shot by Brianna Capozzi, creative direction by Ferdinando Verderi of Johannes Leonardo,
styled by Haley Wollens, Models: Binx Walton, Hanne Gaby Odiele

Info

アディダスグループお客様窓口 0570-033-033

URL: http://shop.adidas.jp/alexander_wang/

RELATED

adidas Originals by Alexander Wangシーズン3のCoachellaへの旅路で撮られたキャンペーンイメージが公開

adidas Originals by Alexander Wangの3シーズン目のキャンペーンイメージ第1弾が公開となった。

adidas OriginalsとAlexander Wangのコラボコレクションのシーズン3がスタート

adidas OriginalsとAlexander Wangが3シーズン目のコラボコレクションを、4/21(土)から全世界のアディダス オリジナルスとアレキサンダーワンの旗艦店とオンライン及び一部のセレクトショップにて販売する。

adidas Originals by Alexander Wangのカプセルコレクション

adidas Originals by Alexander Wangから、Alexander Wangの2018年春夏のランウェイに登場した、カプセルコレクションが3/10に全世界同時発売される。 6ピースで構成される今回のカプセルコレクションはadidasの定番を今までにないシル...

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。