Logicが「ヒップホップカルチャーのためではなく自分のファンのために音楽を作っている」と語る

新作『Bobby Tarantino II』をリリースしたばかりのLogicが、『Hard Knock TV』のインタビューに登場し、グラミー賞に出席したことや、制作のモチベーションについて語っている。

Logicはインタビュー内で「自分はヒップホップのために音楽を作っているわけではなく、自分のファンのために作っているんだ、わかるだろ、自分のファンはメインでヒップホップを聴いているし、おれもヒップホップを愛しているよ」と語っている。

以前はLogicも「かつてはヒップホップカルチャーのために音楽を作りたい」と思っていたが、「でもカルチャーってなんだ?」という疑問が浮かんだという。Logicは「その意味がわからなかった」と語り、「おれはただ自分の音楽を好きな人のために音楽を作り、それでポジティブなメッセージを広めることができる、それがおれがやることだ」と、自分の使命を語った。

日本でもアメリカでもヒップホップカルチャー全体への貢献といった話は、よくSNSなどで話題に上るが、ヒップホップカルチャー全体というのはとても抽象的な概念である。それに対しLogicの姿勢はとても明確で具体的で、誠実なものだといえるだろう。

RELATED

Kid Cudiの影響力の大きさについてTravis Scott、Logic、Lil Yachtyが語る

Kanye Westとのコラボアルバムをリリースすることで、再び注目が集まっているKid Cudiの影響力の大きさについて、Travis ScottやLogic、Lil Yachtyが語る番組をApple MusicのBeats 1が放送した。

Logicの"1-800-273-8255"が電話番号入りの曲として史上2曲目のビルボードチャートトップ5入り

自殺したい人を呼び止めるためのライフラインの電話番号をタイトルにもつLogicの"1-800-273-8255"がチャートを急上昇している。 Alessia CaraとKhalidをフィーチャーした同曲は、最新のビルボードシングルチャートで、前回の9位から5位に上昇した。

Logicがライブに来ていた12歳のファンをステージに上げラップさせる

Logicが現在開催中のEverybody’s Tourで、奇跡的なコラボレーションが起こった。とはいっても超有名ラッパーが登場したわけではなく、12歳のファンとのものだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。