Vince Staplesが新曲を突如リリース | 引退のためのクラウドファンディングは実はプロモーションだったが

Vince Staplesが200万ドル(約2億1000万円)をゴールとするアーリーリタイアのためのクラウドファンディングをGoFundMeで開設したというニュースは先日FNMNLでも報じたが、これの続報だ。昨夜、Vince Staplesの新曲がドロップされ、このキャンペーンが新曲のためのプロモーションであったことが明らかになった。

「最近のライブで多くの批判を浴びた」などの理由から、Vince Staplesのヘイターたちがクラウドファンディングに投資することでVince Staplesを「永久に黙らせ、引退させる」という趣旨のこのキャンペーン#GTFOMD("Get The Fuck Off My Dick")であったが、昨夜Def Jam Recordimgsにより同名の新曲ジャケットが公開されたことで、これが新曲のプロモーションであったことがわかった。

 

 

しかしながら、Vince Staplesは今なおこのクラウドファンディングに対して真剣なようで、彼のGoFundMeのページが残されることを本気で望んでいるようだ。

昨日、VinceはGoFundMeのページが削除されていることに気がつき、彼はTwitterで800,000人のフォロワーに助けを求めた。

 

「誰かGoFundMeになんで俺のキャンペーンを終わらせたんだって言ってくれないか?なんで彼らは俺へのサポートを取り上げちゃったんだ!!」

 

また、彼が思うような返答が得られなかった場合には、「The Ellen Show」や「The Oprah Winfrey Show」「The View」などの人気番組に協力を求めるという趣旨をVinceはツイート。

しかし、1時間後にはGoFundMeから返答があったようだ。

 


GoFundMeの担当者Kelsyによれば、Vinceのクラウドファンディング・ページが削除されたことはただのアクシデントで、これは復旧されるとのこと。

Vinceは「ワオ、俺の未来を救いキャンペーンを復活させてくれるKelseyにみんな感謝してほしい。Intenarional Woman's Dayの素晴らしい終わり方だ。」と投稿している。

 

新曲"Get The Fuck Off My Dick"はすでにSpotifyなどで公開されている。

(辻本秀太郎)

RELATED

Vince Staplesが人々に「もっと自分に自信を持ってほしい」と呼びかける

現在のヒップホップシーン随一の変わり者であるVince Staples。「音楽を聴くのが嫌い」などインタビューに応える度に意表をつく発言を連発し世間を賑わす彼が、思わぬ思いやりを見せている。

Vince Staplesが「音楽を聴くのが嫌いだ」と語る

現代のヒップホップシーン随一のひねくれ者であるVince Staplesが、またしても独特な考えを披露した。今回、GQのインタビューに登場した彼は1人のアーティストであるにもかかわらず「音楽を聴くのが嫌いだ」と語ったのである。

GQの「クリーンなアーティスト特集」に登場したVince Staplesが自分の他にラッパーが出ていないことを疑問視

ドラッグを完全に断ったと告白したA$AP Rockyや「リーンをやめた」と発言したFutureなど、ラッパーの間でドラッグの使用をやめる動きが活発化している。そんな中かねてよりストレートエッジを貫いていることで知られているVince StaplesがGQの「クリーンなアーティスト特集」に登場するも、そこで取り上げられたアーティストのセレクトに異議を唱えている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。