Vince Staplesが「ここ5年間でトイレットペーパーを切らしたことがない」と豪語

「音楽を聴くのが嫌い」を始めインタビューの度にユニークな発言を行い、芸風を確立した感のあるVince Staples。そんな彼が、生活必需品であるトイレットペーパーについて謎のフレックスを行なっている。

Vince Staplesは昨日、自身のTwitterにて「俺はここ5年間でトイレットペーパーを切らしたことがない。全てラップで稼いだ金で買った」と発言。突然の言葉に困惑が広がる中、続けて「マジで何枚も重なった良いやつだぜ」と愛用のトイレットペーパーの品質をアピールしている。

Complexによるとこの不可解な発言には賞賛の声も寄せられており、「2019年で最高のフレックス」「富を表現するこれ以上の言葉を知らない」などVinceの表現力を褒め称えるファンも存在する。

ラッパーが自身の財産をフレックスするときは車や洋服、ジュエリーなど分かりやすく高級な物を挙げることが多いが、殆どの人間の生活に欠かせない物であり当たり前のように存在するトイレットペーパーで格の違いを見せつける辺りに、Vince Staplesのラッパーとしての独特の視点や高い表現力が現れていると言えないこともない。

Vince Staplesのリッチな生活を体験してみたい方は、シングルやダブル以上の高品質なトイレットペーパーを大量に買い込んでみてはいかがだろうか。

RELATED

FUJI ROCK FESTIVALのYouTubeライヴ配信アーティストにJames Blake、Vince Staples、Daniel Caesar、Sabrina Claudio、KOHHなどが決定

YouTubeでの生配信が先日発表となった今年のFUJI ROCK FESTIVAL。配信アーティストが発表となった。

Coachella 2019でのBillie EilishのライブにVince Staplesがゲスト出演するも声が聞こえないハプニング

Coachellaの2日目に出演しライブを行なったBillie Eilish。非常にハイレベルなパフォーマンスとアルバムの大ヒットもありライブは大きな盛り上がりを見せたが、ライブの途中にちょっとしたハプニングが発生してしまった。

Earl Sweatshirtが自身を撮影しようとしたファンのスマホをはたき落とす

憧れのアーティストが目の前に現れたとき、思わずスマホのカメラで撮影したくなってしまう人もいるだろう。しかし、多くの場合それはアーティストにとって快く思われない。以前YGを盗撮しようとした少年が晒し上げられてしまったニュースを紹介したが、今回はEarl Sweatshirtを撮影しようとしたファンが痛い目に逢ってしまったようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。