Vince Staplesが「音楽を聴くのが嫌いだ」と語る

現代のヒップホップシーン随一のひねくれ者であるVince Staplesが、またしても独特な考えを披露した。今回、GQのインタビューに登場した彼は1人のアーティストであるにもかかわらず「音楽を聴くのが嫌いだ」と語ったのである。

インタビュアーに最近はどんな音楽を聴いているのかと聞かれたVinceは「俺は音楽を聴くのが本当に好きじゃないんだ」と答え、続けて「俺は俺の好きなアーティストがアルバムを出したら曲を聴くよ。聴くつもりだよ。でも俺は本当に音楽を聴いているわけじゃないんだ。俺は本も本当に読まないんだ。学校の外で本なんて読んだことがなかった。別に読書に何か問題があるわけじゃないんだ。それは俺の娯楽の好みじゃないってことだ」とアーティストらしからぬ独自のスタイルを明かした。確かにミュージシャンだからといって音楽が好きである必要は全くないし、本を無理して読む必要もない。だが、そんな彼がどこからインスピレーションを得ているのか気になるところではある。

ちなみに今、Vinceの好みの娯楽はなんなのかという質問に対して彼はこう答えている。
「子供みたいに外に沢山出ることだね、それで俺は楽しいんだよ。それが俺が子供の時から楽しんだ方法なんだ。俺はまだそれで楽しむことが出来るんだ」と大人になったが子供のように無邪気に楽しむことが出来ると語っている。想像するとなかなかシュールだが、このように少年の心を忘れないことが彼にインスピレーションを与え、オリジナルなスタイルを形成する要因の1つなのかもしれない。

また、このインタビューでVinceはライブの合間にファンに会うことについても語っている。この事について「気まずいんだよね」と語った彼は、「なんで気まずいのかは分からないんだけど、気まずいんだよ。彼らは俺のことが好きで、すごい俺に感謝してるから気まずいんだよね。それで普通に会話をするのが難しいんだよ」とまるでデビューしたてのアイドルのような悩みを打ち明けている。ファンはそんなVinceのことが好きなような気もするが。

そんな彼はTwitterにおいては気兼ねなくファンとの交流を楽しんでいるようだ。
彼は今日、自身のTwitterにてこのようにツイート。


「考えてたんだけどイエス・キリストはNavとBellyのどっちに似てると思う?」という謎めいた質問をファン達に投げかけている。その中でJ.Coleと答えたファンが数人いたようなのだがそれに対しVinceは「なんかイエスはJ.Coleに似てるって言ってるやつが沢山いるけど俺はそうは思わないな。その当時にそんないろんな人種はいなかっただろうし」と彼はあくまでもイエスを白人だと思っているようだ。

まとめとして彼はこうツイートしている。


「皆笑ってるけど、俺はまじめだよ。俺は常にイエスはAziz Ansariみたいな見た目だと思ってるよ」とアメリカのコメディアンであるAziz Ansariを引き合いに出している。

今回も他のラッパーとは違う独特な側面を思う存分見せてくれたVinceだが、次は我々にどのような一面を見せてくれるだろうか。

インタビューの全編はこちらから読むことが出来る。

RELATED

FUJI ROCK FESTIVALのYouTubeライヴ配信アーティストにJames Blake、Vince Staples、Daniel Caesar、Sabrina Claudio、KOHHなどが決定

YouTubeでの生配信が先日発表となった今年のFUJI ROCK FESTIVAL。配信アーティストが発表となった。

Vince Staplesが「ここ5年間でトイレットペーパーを切らしたことがない」と豪語

「音楽を聴くのが嫌い」を始めインタビューの度にユニークな発言を行い、芸風を確立した感のあるVince Staples。そんな彼が、生活必需品であるトイレットペーパーについて謎のフレックスを行なっている。

Coachella 2019でのBillie EilishのライブにVince Staplesがゲスト出演するも声が聞こえないハプニング

Coachellaの2日目に出演しライブを行なったBillie Eilish。非常にハイレベルなパフォーマンスとアルバムの大ヒットもありライブは大きな盛り上がりを見せたが、ライブの途中にちょっとしたハプニングが発生してしまった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。