Coachella 2019でのBillie EilishのライブにVince Staplesがゲスト出演するも声が聞こえないハプニング

Coachellaの2日目に出演しライブを行なったBillie Eilish。非常にハイレベルなパフォーマンスとアルバムの大ヒットもありライブは大きな盛り上がりを見せたが、ライブの途中にちょっとしたハプニングが発生してしまった。

ライブの5曲目“& burn”の途中にゲストとしてVince Staplesがステージに登場。大きな歓声が上がり会場の誰もがVinceのラップに期待をする中、なんとマイクの不調によりVinceの声が一切聞こえないという事態に。

トラックは問題無く流れておリVinceもパワフルなラップをしているような仕草を見せているが、スピーカーから彼の声は流れていない。モニターからは音が聞こえたのか、BillieとVinceの二人は最後まで異常に気づくことなく曲を歌い終えた。

ライブ終了後、事態に気づいたVince Staplesは自身のTwitterにて「俺はずっとミュートされてた。以上。Chillie Eilish Coachella」とジョークを飛ばしている。気づいた瞬間はさぞかし気まずい思いをしたことだろう。

他にも“all the good girls go to hell”の最中に歌詞が飛んでしまうなどのトラブルもあったが、「歌詞なんだっけ!?」と叫ぶことによって逆に観客を盛り上げるなど見事なリカバリーを見せている。

新たなスターの実力を存分に見せつけたCoachellaでのライブセット。彼女の今後の動向にも期待が高まる。

related

Billie Eilishによる映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の主題歌が公開

Billie Eilishが手がける映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の主題歌、"No Time To Die"が公開された。

Billie Eilishが曲の中でストーリーを語ることと嘘をつくことは違うと主張 | 多くのラッパーが嘘をついていると批判する

待望の来日公演も決定し、グラミー賞の主要4部門を独占したBillie Eilishが、Vogueのインタビューに登場している。

Billie Eilishが自身とネットでやりとりをしているDrakeに対する「気持ち悪い」との声に反論

先日の2020年グラミー賞授賞式にて、主要4部門全てを含む5冠を達成する偉業を成し遂げたBillie Eilish。そんな彼女と個人的に親しくしているDrakeが、思わぬ批判を受けているようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。