BALの2019 AW COLLECTIONのLOOKが公開 | テーマは「Chance Operation」

BALが2019 AW COLLECTIONのLOOKを公開した。昨季と同じく「Chance Operation」をテーマに掲げた今季。音楽家ジョン・ケージが考案し、音の高さ、リズム、強度、速度、レイヤー数をコイン投げによって決定するために使われた「偶然性の音楽」にインスパイアを受け、ネット通販で購入した際のパッケージや緩衝材などを、放り投げ偶然に配置しコラージュしたオリジナルテキスタイルのTrash柄がメインに。

メゾンブランドにも納入するテキスタイルメーカーのメタルナイロン、撥水透湿3レイヤー生地、フリースにポリエステル素材をボンディングし、暴風性を高めた素材など、テクニカルな機能素材や、様々なカモフラージュ柄などをブランドらしいカラーチャートとデザインで表現。
さらに現代アーティストJOSE PARLAとのコラボアイテムや、PORTERとのコラボアイテムなども揃った。

DIRECTION : BAL
MOVIE & PHOTO:POOTEE
HAIR & MAKE:KATSUYOSHI KOJIMA
MODEL:aReK、SOUSHI、AYUMI TURNBULL
STYLING FOR WOMEN:RIBBON
STYLING FOR MENS :TEPPEI

related

balが2021 AWのLOOKとムービーを公開

balが2021 AWのLOOKを公開した。

VISIONとContactのオンラインストアがオープン|balやUNDERCOVER、WACKO MARIA、BlackEyePatch、CreativeDrugStore、VERDYなどとコラボ

渋谷にあるクラブSound Museum VISIONとContactが、オンラインストアをオープンした。

【特集】音楽好きのための今季注目のTシャツ15選

本特集では、今シーズン発売で何かしらの音楽ネタを引用したTシャツを集め、注目のアイテムをピックアップしている。デザインの背景を知ることで、よりお気に入りの一着になるはず。これからのTシャツ選びの参考にして欲しい。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。