BALが2022 SSのLOOKを公開|RAMIDUSやwackwackなどとコラボ

BALが2022 SSのLOOKを公開した。

テクニカル、アウトドア、スポーツ、ワークウエアなどからインスパイアされた本コレクション。Geek Out Storeのアーカイブコレクションからアイディアをインストールしたテクニカルアイテムや、アーティストのwackwackのアートワークを落とし込んだテキスタイルなどが特徴となっている。

コラボレーションにはDickies、Wildthings、Ramidus、Tomo&coなどが登場。フューチャリングアーティストはwackwackのほかGeek out Store、Kazuma Ogataなどが参加している。

Info

https://baloriginal.com/

related

wackwackによる個展がOIL by 美術手帖ギャラリーで開催

wackwackによる個展がOIL by 美術手帖ギャラリーで開催

wackwackのソロアートエキシビジョンがビームス T 原宿で開催 | UC Berkeleyとのコラボアイテムも発売

アーティストのwackwackのソロアートエキシビジョン『PLAY BALL』が、9/30(金)からビームス T 原宿で開催される。

bal、Diaspora skateboardsがUMBROを招いたトリプルコラボレーションコレクションを発売 | ビデオにはCampanellaも出演

モダンカジュアルウエアとグラフィックを提案するbalと、東京を拠点とするスケートレーベルDiaspora skateboardsが、フットボールブランドUMBROを招いたトリプルコラボレーションコレクションを9/4(日)に発売する。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。