AmazonのAIアシスタント『Alexa』が突如として笑いだすという怪奇現象が発生

今、最新技術のなかで最も注目を浴びているのが人口知能で間違いないだろう。AppleやGoogle、Amazonまでもが家電・電化製品に人工知能やIoTを盛り込み、大手のハイテク小売は新たな技術革新に躍起になっている。その一方で囁かれているのがシンギュラリティといわれる技術の進歩により人間に危害が加わるのではないかという仮説である。

人工知能は、人間の知能増幅を謳っているが、人間の想像力に及ばないぐらいのところまで進むと恐怖心を煽る意見も多くみられる。そんな中その予想が現実のものとなった。AmazonによるAIアシスタント『Alexa』が突然笑い出すというクレームがツイッター上で話題を呼んでいる。

オーナーの声に反応し、リモート操作ができる『Alexa』が搭載されたスピーカーは、音楽の再生やスケジュールや天気、ニュースなどを読み上げ、アラームセットもできる画期的な商品。360°全方向にスピーカーで上質なオーディオを楽しめる。しかし、『Alexa』は人々が集まる空間に置かれ、突然そのクリアで不気味な笑い声で購入者を恐怖に陥れる。

 

「オフィスで重要な機密情報について話していると『Alexa』が笑い出した。こんなこと他に誰か遭遇したことある?」

「『Alexa』が起動する様なことはしていないつもりだけど、彼女は微かに笑った。それは本当に不気味だった」

 

「私も遭遇した。昨日、スピーカーに止めるよう言ったら、『Alexa』が私に向かって笑い出した。たった今もElmoが触ってもいないのに30秒もの間笑っていたよ。ライフルを用意するよ」

 

「私たちはルームメイトがもってる『Alexa』に愛していると気持ちを伝えたら彼女は本当に不気味に笑って返してきた」

『Alexa』は他にも人々が気を許したベットの傍やリビングルームで前触れもなく笑い出す。しかも、問題の笑い声は、元々設定された声より早めた人の声だという。なぜこのような事態が発生したのか。声が搭載されたプログラムに反応せず、反発を起こしたことが一因と考えられる。

『Alexa』の突然の笑い声は、実害はないものの、シンギュラリティを煽る事態がおこってしまった。人工知能が完全に人間の生活の一部として定着する道のりは遠いのだろうか。

RELATED

アメリカの17歳の少年がAIにKanye Westのラップを教え込み、AIはオリジナルのラップをできるまでに成長

ウェストヴァージニア州に住む17歳のロビー・バラット氏は、わずか1週間でオープンソースのAIを用いてデジタルMCを作り上げてしまった。

Mark Zuckerbergが開発を進める家事AI「Jarvis」の声はモーガン・フリーマン

FacebookのCEOMark ZuckerbergがAI(人工知能)のプロトタイプを公開した。Jarvisと名付けられたAIアシスタントが彼の家の中で働いている様子を映した動画を公開した。

アメリカ国防総省による2045年の未来予想図。脳波でコミュニケーション、無人飛行機などの驚くべき技術革新

軍事的なイノベーションを民間とともに実現してきた米国防高等研究計画局による2045年の世界の姿とは?

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。