Jay-ZがDiddyから最もリッチなヒップホップアーティストの座を奪取

経済誌のForbesが恒例となっている最も稼いでいるヒップホップアーティストランキングを発表。これまで6年連続で首位だったDiddyにかわり、Jay-Zがトップの座についた。

Jay-Zの純資産は昨年の8億1000万ドルから9億ドル(約954億円)に増加した。これはJay-Zが投資していたアルマン ド・ブリニャックシャンパンとコニャックメーカーのD 'usseの価値が上がっていることが主要因だ。

2位のDiddyは8億2500万ドル(約874億円)となっていて、Diddyが運営しているCirocとRevoltの業績不振が、わずかながらDiddyに悪影響を与えている。しかしながら、テキーラメーカーのDeLeon tequilaの好調によって純資産自体は昨年よりも増加した。

3位はDr. Dreで自身の運営するBeatsが好調なのが大きな要因となっている。4位と5位は同額の1億ドル(約106億円)でDrakeとEminemが並んだ。Drakeにとっては初めての1億ドル超えとなる。

 

RELATED

Diddyがシングルファーザーとしての日々を記録した動画を公開

Bad Boy Recordsの創立者にして、音楽業界随一の富豪であるDiddy a.k.a. Sean Combs。そんな彼が、先日急逝した元恋人Kim Porterとの間に生まれた3人の子供を一人で育てる様子を公開した。

Meek MillがJay-ZとBeyonceとの気まずい夕食の思い出を語る

先週金曜日にニューアルバム『Championships』をリリースしたMeek Mill。同作には長くビーフを行なっていたDrakeとのコラボ曲“Going Bad”が収録されていることも話題となっているが、そんなMeek MillがまだDrakeとのビーフの真っ最中だった時期のエピソードを披露している。

オバマ前大統領がミシェル・オバマ夫人の講演会にサプライズで登場し、自身を「Beyonceのライブに登場したJay-Z」に例える

オバマ前大統領が大のヒップホップファンということは広く知られている。そんな彼がミシェル・オバマ前大統領夫人の講演会にサプライズゲストとして登場し、自身をJay-Zに例えたことが話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。