Donald GloverがSNSから姿を消した理由を語る

自身が主演・脚本・プロデュースを務めた『Atlanta』が昨年のゴールデングローブ賞を獲得するなど俳優としても頭角を現すDonald Glover。そんな彼は、SNSについて「自分みたいな人間にとっては結びつきが強い」とEsquireのインタビューで語っている。

Gloverは、2014年からSNSに姿を現していない。それまでは、Gloverの個人的な考えをシェアして、活発に使いこなしていた。SNSと距離を置くDonald Gloverは、The New Yorkerのインタビューに登場。Esquireのインタビューに引き続きSNSについて改めて語っている。

このインタビューには『Atlanta』の共同製作者のStefani Robinsonも同席。インタビュアーから、EsquireのインタビューでGloverが「インターネットはあらゆる点で恐ろしい」と発言したことについて聞かれると「SNSを使っていたころは、俺は小さな人間という感覚にさせられていた。だけど、今はそういうことはないよ」と説明した。

次はRobinsonが問い質す。Gloverになぜ周りの人にそのことを言わないのかと質問すると「インターネットやSNSは俺を殺そうとする」と応え「それらの会社は誰にもお金の流れを止めてほしくないんだ」と付け加えた。

Gloverの意見を受けたRobinsonは煽る。「あなたはSNSについてよく知っているつもりでも、止めたことでそれがあなたを悪い方向へと導いていないといえるのか」と聞くと、Gloverは「俺を臆病って言いたいの?離れたことで人間らしくなったよ。SNSを離れて、生きることや新たなものを生み出し、情報を選ぶためにやっているんだ。」語った。

GloverのTwitterアカウントは存在するものの、未だに投稿されていない。過去の自分から人間味を取り戻したということだが、一方でGloverの声を求めるファンも多いことだろう。

RELATED

Tumblrが成人向けコンテンツの規制を実施

ブログサービスTumblrが大型のアップデートを実施し、成人向けコンテンツの投稿を今後一切不可能にすると発表 コミュニティガイドラインのアップデートについてした。

Donald Glover激似の人物がBeastie Boysの2006年のコンサート映像内で発見される

14年以上前にBeastie Boysがマディソンスクエアガーデンで行なった公演が『Awesome;I Fuckin’Shot That!』というドキュメンタリーになっている。この映像は手持ちカメラを渡された50人の観客が撮影したもので、この撮影方法は結果的に独特、時には無作為にコンサートを映した。そして今、その中のある一つのシーンが多くの関心を集めた。

Donald GloverとRihannaによる映画『Guava island』の予告編の一部が公開 | 監督はヒロ・ムライ

RihannaとDonald Glover a.k.a. Childish Gambinoの二人がキューバで映画を制作しているという噂が以前より存在していたが、その映画の全貌が明らかになりつつあるようだ。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。