『ブラックパンサー』サウンドトラック収録曲"King's Dead"のFutureのバースが強烈すぎてネットミームとなる

話題の映画『ブラックパンサー』のサウンドトラックに収録されている、"King's Dead”のミュージックビデオが公開された。その曲中のFutureのバースが強烈すぎてネットミーム化。ずっとFutureの『La di da di da』というフレーズだけを繰り返す”King's Dead”動画を作り出した強者も現れる。

Kendrick Lamarと所属するレーベルTDEがサウンドトラックをプロデュースして話題となっているMARVELの映画『ブラックパンサー』。サウンドトラックがリリースされ、収録されている強力なコラボ曲”King’s Dead”のミュージックビデオが公開された。Jay RockがKendrick、Future、そしてJames Blakeをフィーチャーしたこの曲は今回のアルバムの中で、ずば抜けて目立つトラックのひとつとなった。

なによりピックアップされたのはFutureのバース。聞けば一発で頭に残る"La di da di da, slob on me knob”というフレーズが強烈すぎると、ミュージックビデオが公開されてすぐにネットを騒がせた。

”La di da di da”はネットミーム化し、至るところでネタにされてしまった。

そしてついに最初から最後までFutureの"La di da di da, slob on me knob”のフレーズだけで1曲終える動画も登場。

この動画を投稿したのは音楽関係の様々なネタ動画を投稿するYoutube Channel『Talking Nonsense』。

過去にこの動画チャンネルはLil Pumpの”Gucci Gang”のミュージックビデオの、すべての単語をアルファベット順に並び替えた動画も投稿。

他にもピコ太郎の『PPAP』のミュージックビデオで、「ぺン」というワードが登場するたびにベースが増大していく動画を投稿している。

 

RELATED

グラミー賞候補作が発表 | 主要賞にヒップホップ作品が続々とノミネート

61回目となるグラミー賞の候補作が発表となった。今年の最多ノミネートは映画『ブラックパンサー』のサントラなどの効果でKendrick LamarがSZAとの"All The Stars"で最優秀レコード賞や最優秀楽曲賞などの主要賞を含む8部門にノミネート。

FutureがJuice WRLDが自身の影響でリーンを飲んだと知って謝罪する

先日リリースされたFutureとJuice WRLDの二人によるアルバム『WRLD ON DRUGS』。わずか5日間でレコーディングされたことでも話題となっている同作だが、レコーディングの最中にJuice WRLDが何気なく発した言葉がFutureを深く反省させたという。

イギリスの研究者チームがネットミームは子供達に悪影響を及ぼすという見解を発表

ヒップホップの世界においても、ネットミームによってその曲が大ヒットするというのがよくある。 最近だとKanye WestとLil Pumpの楽曲“I Love It”が代表的だろう。2人が着ぐるみを着て踊るMVは大きな話題となった。 そんなミームに関して研究していたイギリスの学者がある研究結果を導き出した。その研究結果というのは、ネットミームは子供の健康に悪影響を与えるというものだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。