Blink-182のTravis BarkerがLil Pumpの影響で息子が顔にタトゥーを入れたがっていると話す

先日、Blink-182のドラマー・Travis Barkerの息子であるLandonの14歳の誕生日パーティーにLil Pumpが登場しパフォーマンスを行なったことが話題になった。Travis Barkerによると、それ以降息子のLadonはLil Pumpの影響で顔にタトゥーを入れたがっているようだ。

昨年のLandon Barkerの誕生日パーティーでのLil Pumpのパフォーマンスの様子はこちら。

Travis Barkerは、息子Landonの誕生日パーティーの後にTMZに以下のように話していたという。

「(顔にタトゥーを入れていいかと)14歳の息子が毎日俺に尋ねてくるんだ。でも今はたくさんの子どもが顔に入れたがってるよね。色々なラッパー、そしてLil Pumpが彼のパーティーでプレイしてくれてたんだ。彼はLandonの友達なんだよ。Landonはまだ顔にタトゥーは入れてないけどね。俺が子どもの時はタトゥーを入れることの危険はわかってなかったんだ。15の頃にはタトゥーを入れていたけど、これを消すのは簡単じゃないんだ。タトゥーがあると街を歩いているだけでも目立つし、仕事を探すときの弊害もあるしね。俺は普通の仕事に就けたことは一度もなかったよ。俺と同じような苦労をしなくちゃならないって彼らには説明してるんだ。」

「彼は顔のタトゥーを愛してるんだろうね。でも俺は言ってるよ、それに見合うような努力をするまでは許さないって。」

また、Barkerは息子Landonがどんなジャンルよりもヒップホップに魅了されていること、そしてLandon自身も音楽制作に取り組んでいると明かした。Bakerによれば、LandonはすでにLil PumpのプロデューサーBigheadと共にスタジオにも入っているという。

「俺たちはBigheadと一緒にスタジオに入ってるんだけど、彼は本当に素晴らしいよ。Landonは"I Don't Need Her"って曲を公開してるよ。彼は子どもの頃からラップに取り憑かれているんだ。」とBarkerは話す。

Travis Barkerが若者へのLil Pumpの影響力や息子Landonについて話す様子はこちらからチェックすることができる。

RELATED

Lil Pumpが「ウィードを吸うのをやめた」と宣言

アルバム『Harvard Dropout』も好調なLil Pump。最近はPump Universityでの講義も続けるなど精力的に活動する彼が、なんとマリファナをやめたことを宣言した。

Lil Pumpがインタビューで「Bruno MarsやLady Gagaと曲を作りたい」と語る

Adam 22による人気Podcast番組「No Jumper」から、Lil Pumpのインタビューが公開された。Lil Pumpの家を訪ね様々な質問を行なっていくなかで、彼が今後コラボレーションしたいと考えているアーティストが明らかになった。

Lil Pumpの大学「Pump University」の第2回目の授業

先日、自身の名を冠した大学“Pump University”をYouTubeの自身のチャンネルにて開校したLil Pumpが、2つ目の授業『Pump University - Episode 2』を公開した。Episode 1では、持ち前のPump節全開で“健康”について授業を行ったPumpだが、今回のEpisode 2では“成功”についての授業を行っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。