Kendrick Lamarが自身のミュージックビデオには、Missy ElliotとBusta Rhymesの影響が隠れていると語る

自身のアルバム『DAMN.』に収録されている"HUMBLE."は今年のグラミー賞では、最優秀ミュージックビデオ賞を受賞したKendrick Lamar。最近では、映画『Black Panther』のサウンドトラックになっている"All The Stars""King's Dead"のミュージックビデオを公開している。"LOYALTY."などを含めKendrickの諸作品は、プロデューサーであり2009年の"Compton State Of Mine"からDave Freeと一緒にミュージックビデオの共作を行っている。

Kendrickは、2/18にBillboardのインタビューに登場。そこでは、自身のミュージックビデオは子供のころに見たMissy ElliotとBusta Rhymesに影響を受けたと語っている。

KendrickとTDEがサウンドトラックをプロデュースした映画『Black Panther』は、約1億9200万ドルのオープニング興収でスタートを切った。映画は、アフリカの秘境にある超文明大国ワカンダが舞台。祖国を守るために主人公である若き国王のブラックパンサーが守るための戦いを描いたものとなっている。そんな映画に繋がる"All The Stars""King's Dead"のミュージックビデオは如何にして作られたのか。

そのヴィジュアルの裏には、高校時代にDaveと一緒にBETで見ていたMissy ElliotとBusta Rhymesのミュージックビデオの影響が隠されているという。「その時に見ていたことによって、俺たちが打ち出すマスプロダクトへのビジュアルの核心に触れられた。俺たちはお互いに『これだ』と言い合った」と14歳から一緒にいるDaveとの共有されている当時のインスピレーションが今の作品に反映されていると語った。

当時のMissy ElliotとBusta Rhymesは、常にKendrickにビジュアル面での影響を与えているという。Kendrickは続けて「2人のミュージックビデオはいつも俺たちに何かしようとする影響を与えてくれる。1人の学生や、いつも目上の誰かの影響やアイデアを曲以外の部分でも感じていた。だけど、それはミュージックビデオを見ている時だけだね」と語っている。

Kendrickは今、30歳。子供のころに聴いていた音楽が大人になった時の音楽の嗜好に影響を与えることは多分にある。彼と同じ時代に音楽を聴いていたなら共感する人も多いはず。

RELATED

Offsetがアルバム『FATHER OF 4』でKendrick Lamarをゲストに迎えようとしていたことを明かす

先週金曜日にリリースされたOffset初のソロアルバム『FATHER OF 4』。プロデューサーにSouthsideとMetro Boominを迎え、J. ColeやGunna、Cardi B、Travis Scottなどをフィーチャーした豪華なメンバーの同作だが、OffsetはさらにKendrick Lamarが参加する楽曲を制作しようとしていたという。

Kendrick Lamarが97000曲ものビートをキープしていると関係者が語る

FNMNLでヒップホップのニュースをチェックしている方は、「曲がたくさんある」というボーストをラッパーが行なっている様子を目にしたことが一度はあるだろう。「15000曲をレコーディングした」というYoung Thugや「65000曲のストックがある」というAnderson .Paakの発言をこれまで紹介してきたが、今回はこの「いっぱいあるシリーズ」にKendrick lamarが加わった。

グラミー賞でのパフォーマンスをKendrick LamarやDrake、Childish Gambinoなどが相次いで断る

いよいよ現地時間の2月10日に迫るグラミー賞の授賞式だが、ヒップホップアーティストが相次いで授与式でのパフォーマンスのオファーを断っていると伝えられている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。