世界の3000都市で最も人気の楽曲がわかるマップ

以前全米の50都市で、どんなアーティストが最も聴かれているのかをまとめたNYタイムズ紙が作成したマップを紹介したが、そのマップの全世界版とでもいえるものが公開されている。

The Pudding は全世界の3000都市で2017年12月に最も再生された楽曲をマッピングしたサイトだ。

スクリーンショット 2018-02-13 11.56.35

アメリカをみると昨年下半期のバイラルヒットである、Lil Pumpの"Gucci Gang"がPumpの出身地であるフロリダを中心に大きな支持を集めている。"Gucci Gang"はただし、西部の大都市LAでもトップとなっており、SNSを中心としたバズで都市圏にも食い込んでいるのがわかる。NYなどの東部では同じく話題のラッパー6ix9ineの"Gummo"がよく聴かれているが、これも6ix9ineが東部のフィラデルフィア出身であることが大きいだろう。

他はCamila CabelloがYoung Thugをフィーチャーした"Havana"やPost Maloneの"Rockstar"などで、ヒップホップアーティスト参加曲がいかに全米で猛威を奮っているかがわかる結果に。

スクリーンショット 2018-02-13 11.57.12

では日本はどうかというと、K-Pop強しといった結果で、全国でTwiceの"LIKEY"がトップに。韓国ではRed Velvetの"Peek-A-Boo"が制覇している。やはりアメリカほどの国土を持っていない国では、地域ごとのヒットチューンなどは生まれづらいのだろう。

スクリーンショット 2018-02-13 11.58.21

また南米諸国は国を横断してNatti NashaとOzunaの"Criminal"がトップに。これらの国では国を超えたヒットが生まれやすいのが、ラテン系アーティストの世界的躍進にもつながっているのだろうか。

スクリーンショット 2018-02-13 11.59.12

またヨーロッパ諸国ではEd Sheeranの"Perfect"が強く、そこにCamila Cabelloなどが食い込んでいっている。

The Puddingでここには紹介できなかった世界各地のヒットチューンを探してみては?

RELATED

Lil Pumpが新曲の歌詞でのアジア人差別を謝罪

新曲“Butterfly Doors”の一節にアジア人を差別するようなラインがあるとして、物議を醸していたLil Pump。これを受け、Miyachiがリアクションを行い、中国のラッパー達が続々とディス曲を発表したのは記憶に新しい。

Lil Pumpによるアジア人差別発言を受けて中国のラッパーが続々とディス曲を発表

先日Lil PumpがTwitter上でプレビューした新曲“Butterfly Doors”にアジア人を差別するようなリリックと「Ching Chong」というアドリブが含まれていることが問題となっている。日系アメリカ人ラッパーのMiyachiがこの件に対してリアクションを行なったことも取り上げたが、中国からはラッパーたちによってLil Pumpのディス曲が続々と発表されている。

Lil Pumpの新曲におけるアジア人差別にMiyachiがリアクション

昨日、Lil PumpがTwitterにてプレビューした新曲“Butterfly Doors”にアジア人を差別するかのような歌詞があるとして問題になっていることを取り上げたが、この問題を受け、日系アメリカ人ラッパーのMiyachiがリアクションをしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。