Don CannonがLil Uzi Vertは年間で700曲制作すると明かす

Lil Uzi Vertは多作で知られている。スタジオに籠ることを好む彼は、これまでにも未発表曲が2700曲あると言ったり、その素早い楽曲制作プロセスをエンジニアが明かしたりしていたが、今回Lil Uziのプロデューサーを務めるDon Cannonが、Uziの制作秘話を明かした。

Don CannonはLil Uziを2015年にAtlantic Recordsにサインさせた張本人だが、彼がEd Loverによるポッドキャスト『C'mon Son』に登場した。

CannonはUziのファーストインプレッションを聞かれ、こう答えている。「俺は彼の労働倫理を見て、ヤバいと思ったね。それはみんなに必要な特質だったから。とCannonは最初からLil Uziがハードワーカーだったことを明かし、こう続けた。

「(Uziは)1日で6曲を作る。だいたい1年で700曲だ」とUziのLil Uziの制作スピードをCannonは話した。つまりLil Uziは年間で120日ほどスタジオに入り、その度に6曲ずつを制作するという。これは文句なしに驚異的なスピードだ。

「彼はスタジオのネズミだ」とLil Uziのことを例えるCannonは、「彼と同じくらい働いてる人ですら、彼みたいにはスタジオにはいれないだろう。彼はその場所を離れない。おれはいつも打ち負かされる」とCannonはLil Uziのストイックさに舌を巻いている。

さらに自分は常々ロックスターであると明言しているLil UziについてCannonはあるエピソードを話した。「彼がおれにストレートなラップの曲を流してくれたことがあったんだ。Meek Millみたいなね。『どうしたんだ?』とおれが聞いたら、『これは退屈だろ。好きじゃないよ。見ててよ、おれは完璧なロックスターになるから。ビジョンが見えたんだ」とLil UziはCannonに対して話してくれたという。

Don Cannonのインタビューは下のプレイヤーで聞くことができる。

RELATED

Lil Uzi Vertが自身の引退騒動について「ケリをつける」と発言

先月、突如引退を宣言し、レーベルとの契約問題を抱えている事をほのめかしたLil Uzi Vertが、度々発売が延期されている新作『Eternal Atake』のリリースについて発言した。

Lil Uzi VertがLil Babyのライブにゲストとして登場するが、あくまでも「引退」していると主張

フィラデルフィアで先週末に行われたLil Babyのライブに、引退宣言を行ったLil Uzi Vertがゲストとして登場した。Lil Babyに招かれたUziはステージに登場すると、"XO Tour Liif3"を披露し観客を沸かせた。 📍P H I L L Y @liluzi...

引退を宣言したLil Uzi Vertが「まだスタジオに行き続けたい」と発言

先日「全ての曲を消去して音楽活動を引退する」と宣言したLil Uzi Vert。その後レーベルとの契約問題を抱えていることもほのめかしていた彼が、音楽に対する情熱を捨てきれていないことを明かしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。