Bruno Marsがアトランタで開催される来年のスーパーボウルのハーフタイムショーはラッパーを出演させるべきとNFLにアドバイス

今年のスーパーボウルは、現在拘留中のMeek Millの楽曲を入場曲で使用したフィラデルフィア・イーグルスが見事初優勝を果たした。スーパーボウルの見どころの1つであるハーフタイムショーはニューアルバムをリリースしたばかりのJustin Timberlakeが担当し、故Princeとのコラボレーションが話題になった。

来年2019年のスーパーボウルは現代のヒップホップシーンの聖地の1つであるアトランタで開催されるが、Bruno MarsがハーフタイムショーのアドバイスをNFLにTwitter上から送った。

今年のグラミー賞の主要3部門を制覇したBruno Marsは、これまでに2014年と2016年のハーフタイムショーに出演しているが、そんな彼は来年のハーフタイムショーはラッパーをフィーチャーしたものにするべきだとアドバイスした。

Bruno MarsはNFLのTwitterアカウント宛に「NFLは来年アトランタ出身のヒップホップアーティストを祝うチャンスだ」と切り出した。

その後Bruno MarsはOutkastやT.I、Gucci Mane、Lil Jon、Jeezy、Jermaine Dupriなど候補のアーティストをあげ、さらに自分もそのショーの人選などの手伝いをしたいと名乗りをあげた。ただその費用は10億ドルだとBruno Marsは主張した。

その後Bruno Marsは「ジョークは置いておいて、ぜひ実現させてくれ」とNFLに対してのツイートを締めくくった。アトランタで開催される次回のスーパーボウルのハーフタイムショーは、確かにヒップホップアーティストをフィーチャーする絶好の機会になりそうだ。NFLはBruno Marsのアドバイスを受け入れ、ラッパーを出演させるのだろうか?注目が集まる。

RELATED

Kodak BlackがBruno Marsと共にスタジオ入りしていることが明らかに

今月の半ばに、8ヶ月間の服役を終えて釈放されたKodak Black。自由を手に入れて間も無く新しいミュージックビデオの撮影に取り組んでいることも報じられていたが、そんな彼が今回言わずと知れたスターであるBruno Marsと共にスタジオに入っていることが明らかになった。

和田アキ子による"Uptown Funk"カバーが7インチでリリース決定

今年歌手デビュー50周年を迎えた和製R&Bの女王和田アキ子。新旧のグラミー受賞曲をカバーしたアルバム『WADASOUL COVERS~Award Songs Collection』から、Mark RonsonがボーカルにBruno Marsを迎えた大ヒット曲"Uptown Funk"のカバーが7インチでリリースされることになった。

フィラデルフィア・イーグルスが優勝後、登場曲にしていたMeek Millの"Dream & Nightmares"のリリックページがビューワー数急上昇

2/4に行われた第52回スーパーボウルの王者を決める戦いが行われた。初制覇を目指すフィラデルフィア・イーグルスは、登場曲を同郷のラッパーで収監中のMeek Millが2012年にリリースした"Dream&Nightmares"を起用したことで話題となった。 試合の結果、イーグルスが41-33で勝利となった。イーグルス優勝の効果が相まって、"Dream&Nightmares"のリリックの閲覧数が204%も上昇したとGeniusが報じた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。