現在保護観察処分中の6ix9ineが高卒認定試験に合格しなければ懲役3年に

MUSIC  2018.02.01  FNMNL編集部

バズを生んでいる新鋭ラッパー6ix9ineが2015年に関わった未成年淫行事件が、現在判決の最中であるとのこと。保護観察処分中に言い渡された、GED(高校卒業と同等の資格)に合格するという条件を満たさなければ、懲役実刑の可能性があるようだ。

新曲”Keke”のミュージックビデオを公開し、勢いの止まらない6ix9ine。彼が関わった、未成年淫行事件についての法廷での審理が先日おこなわれた。この事件は、2015年の秋に裸の13歳の少女が集団と性行為に及ぶ動画がネットに公開されたことで発覚。6ix9ineもその動画に写っていた。

6ix9ineは保護観察処分となり、判決は今まで延期されていた。保護観察処分中の条件の1つとしてGED(高校卒業と同等の資格)に合格すると約束していた6ix9ineだったが、この2年間で合格することができなかったと法廷で明かされた。保護観察中に守らなければならないと定められた事柄を遵守できなかった場合、1〜3年の懲役判決を下される可能性がある。

報道によると、6ix9ineはGEDの受験科目5科目のうち、化学以外は全て合格。それを裁判官に伝えたところ、最後のチャンスとして判決をさらに4/10まで延期すると言い渡されたようだ。それまでにGEDのテストに合格すれば懲役は免れるとのこと。

6ix9ineの保護観察中の遵守事項はGEDの他にも、1年間の執行猶予、2年間の精神保健治療、300時間の地域奉仕活動、女性や子供の登場する性的かつ暴力的な映像のSNSへの投稿禁止、被害者家族へ手紙を書くことを条件として定められていたので、それらも全て遵守する必要がある。

MUSIC

FASHION

CULTURE