Lil Bが「呪い」を証明するために元NBAスターのケニオン・マーティンに1on1を挑む

台湾系アメリカ人プレイヤーのJeremy Linをディスった元NBAスターのケニオン・マーティンに「呪い」をかけると宣言したLil Bであったが、マーティンは「呪い」の存在を否定しLil Bをディスした。「呪い」の存在を証明するためにLil Bはマーティンにバスケットボールの1on1で勝負を挑むという。

これまで、自身のダンスをパクったNBAのスター選手ジェームス・ハーデンや、Lil Bの音楽を聴かないとツイートしたケビン・デュラントに対し呪いをかけ、成功してきてたLil B。昨年9月にも、ビッグマウスの注目新人ロンゾ・ボールに呪いをかけると警告したばかりだ。

元NBAスターのケニオン・マーティンはNBA初の台湾系アメリカ人プレイヤーであるJeremy Linに差別的な発言を行ったが、Lil Bはこれを受けて昨年10月にマーティンに対し呪いをかけると宣言。しかし先日、ケニオン・マーティンはこの「呪い」に対し、TMZ Sportsに「あいつなんてなんでもない。」と発言しLil Bにディスを送った。様子は以下の動画から。

 

 

上の発言を受け、Lil Bは「俺はケニオン・マーティンに言いたい。お前に1on1のゲームを挑戦する。俺の呪いが本物かどうか確かめようじゃないか。お前が勝ったら、正しいのはお前で...呪いは偽物ってことだ。」と下のビデオで応じている。

 

そもそも、今回のLil Bとケニオン・マーティンとの対立の発端はマーティンがNBA初の台湾系アメリカ人プレイヤーJeremy Linのドレッドルックをディスしたことから始まっている。

昨年秋、マーティンはInstagramに「俺がこの男の子に彼のラストネームが(アジア系の)Linってことを思い出させなきゃいけないのか?誰か彼に言ってやれよ、"お前が黒人になりたいのはわかったよ"ってね。」と話すビデオを投稿している。

このカリフォルニア出身のラッパーは上の発言を軽くは受け取らず、「NBAのケニオン・マーティンはJeremy Linを個人的な理由もなくディスったため呪われた...。これはThe BasedGod-Lil Bからのものだって気がつくまで彼は当分呪われたままだ。」と10月にTwitterで発言した。

マーティンは発言後、TMZにポストされたビデオのなかで、「あれはジョークのつもりだったが出てしまった。もし俺がJeremy Linのことを怒らせてしまっていたら謝るよ...。俺は大人だから、自分が間違ったときにはそれを認める。自分が間違っていたことと、言葉のチョイスが悪かったことを認めなくてはいけない。」とコメントしている。

2人の争いの行方が本当にバスケットボールで決着することになるのか注目だ。

(辻本秀太郎)

RELATED

NBA レイカーズのLonzo BallがチームメイトのKyle Kuzmaに対するディス曲をリリース

最近だとPusha-TとDrakeなどヒップホップの世界にビーフは付きものである。しかし、ビーフをするのはラッパーだけではないようだ。

Chris BrownとThe Gameがバスケのヒップホップオールスターゲーム中にマリファナを吸う

先ほどまで開催されていたプロバスケリーグNBAのオールスターゲーム。今年はハーフタイムにN.E.R.Dがライブを行い、Migosも登場するなど大きな盛り上がりをみせた。

SkeptaがA$AP RockyやLil BをフィーチャーしたEP『Vicious』をリリース

UKのトップMCで、アメリカでも高い評価を受けているSkeptaが本日6曲入りの新作EP『Vicious』をリリースした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。