NBAの注目新人が「今は誰もNasを聞いていない」と述べ炎上 | Lil Bには呪いをかけられ、Nasのマネージャーは「オートミール顔野郎」と罵倒

歯に衣着せぬ言動で知られているLAレイカーズの新人バスケットボール選手ロンゾ・ボール。以前もJAY-Zの新作より21 Savageの方が上だねと話し、話題となっていたが、またもや無神経ともとれる発言を行い大批判を食らってしまった。

ロンゾはTV番組内で「リアルなヒップホップ」について話し、「今は誰もNasを聴いてなんかいない」と暴論をぶち上げ、「リアルなのはMigosとFuture」と自らの意見を述べた。

自分が好きなのはFutureとMigosといえばいいものを、無駄な否定をしてしまうのは先日のJAY-Zと21 Savageの一件と同じだ。さすがビッグマウスと呼ばれるだけにある。

この意見に対してヒップホップシーンからは猛反発が起こっている。先日ミックステープをリリースしたBased GodことLil Bは呪いをかけるとロンゾに対して警告。

ちなみにLil Bは以前自身のダンスをパクったNBAのスター選手ジェームス・ハーデンや、Lil Bの音楽を聴かないとツイートしたケビン・デュラントに対しても呪いをかけており、成功している。

またNasのマネージャーであり、音楽業界のベテランAnthony Salehも激怒。Twitterで「Nasはお前のことなんか知らないよ、Futureはお前のサポートに感謝してるってよ」と皮肉たっぷりなツイート、SalehはNasとFutureのマネージャーも務めているのだ。さらにロンゾを「オートミール顔野郎」と吐き捨てた。

RELATED

NasがTravis Scottとの対談で「長く続けることが偉大になる秘訣だ」とアドバイス

昨年リリースされたアルバム『Astroworld』でまさしく当代随一のアーティストとなったTravis Scott。そんな彼に、伝説的なラッパーであるNasがアドバイスを行なっている。

Nasの『Nasir』のカバーアートとトラックがThe Architectから剽窃したものである可能性が浮上

6月にKanye Westがプロデュースした5作品の内の一つとして発表されたNasのアルバム『Nasir』。同作のカバーアートとトラックが他のプロデューサーからの剽窃ではないか、との疑惑が持ち上がっている。

Nasが出資したオンライン薬局サービス『PillPack』をAmazonが10億ドルで買収

6月にKanye Westのプロデュースによる最新作『Nasir』をリリースし高い評価を得たNasだが、音楽の面のみならず投資家としても大成功を収めたようだ。Nasが出資しているサービス『PillPack』が、今回Amazonに10億ドルで買収されたという。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。