Joey Bada$$がPost Maloneの"Rockstar"のゴーストライターであることを明かす

Post Maloneが21 Savageをフィーチャーした大ヒットチューン"Rockstar"は、2人に初めての全米チャート1位をもたらしたが、この大ヒットチューンの意外な事実が判明した。

今週初めにインターネット上に"Rockstar"にT-PainとJoey Bada$$がフィーチャーされているバージョンがリークされた。これはリミックスバージョンだと推測されていたが、T-Pain曰く、実はオリジナルバージョンはこちらのバージョンであり、後から21 Savageが追加されたために、2人のバースは削られてしまったという。

さらにこの事実についてHotNewHiphopが記事にし、ツイートしたところ、そこにオリジナルバージョンに傘下していたもう1人Joey Bada$$が、ある事実を明かした。

JoeyはT-Painの言い分が事実であることを認め、さらに現在リリースされているバージョンのリリックもPost Maloneと共に書いたというのだ。もちろんオリジナルバージョンが採用されたらJoeyはクレジットされたはずだが、自身のバースは削られてしまい、Joeyが書いたリリックだけが現在のバージョンに残ったということだ。結果的にいわゆるゴーストライターとして参加していたということで、Joeyはツイートの最後を来年はもっとゴーストライティングして金を稼ぐと締めくくっている。Joeyが"Rockstar"のどの部分のリリックを書いているのか、とても気になるところだ。

RELATED

Post Maloneが「もはやジャンルは存在しない」と語る

ヒップホップ、トラップやオルタナティブロックなど様々なジャンルが融合したようなスタイルで確固たる人気を築いているPost Malone。大ヒットアルバム『beerbongs & bentleys』がグラミー賞2019のラップアルバム部門の候補から外れたように彼の音楽のジャンル分けはしばしば議論の対象になるが、そんな彼が「音楽ジャンル」という物に対する持論をHITS Daily Doubleのインタビューにて語っている。

Post Maloneのアルバム『Beerbongs & Bentleys』がグラミー賞のラップアルバム部門ではなくポップ部門にノミネートか

すでに候補の選出が始まっているグラミー賞2019。今回のグラミーは新しく改訂されたルールの下で選出が行われるということが伝えられているが、そこでPost Maloneの大ヒット作『Beerbongs & Bentleys』のジャンル分けが議論の対象となっている。

Post Maloneのプライベートジェットのタイヤがパンクし緊急着陸

今年の上半期に最も売れたアーティストであり、フジロック2018での素晴らしいライブも記憶に新しいPost Malone。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。