Cardi Bが新曲"Bartier Cardi"のリリックに婚約者Offsetの名前を入れたことを批判され、強烈な反撃 | 「私は全部の曲のリリックに彼の名前を入れたい、それがなんだってんだ」

Cardi Bが自身名義の楽曲としては大ヒット曲"Bodak Yellow"以来となる21 Savageをゲストに迎えたニューシングル"Bartier Cardi"をリリースした。

大ヒット曲の次の曲という大きなプレッシャーの中でリリースされた同曲のCardi Bのリリックに批判が集まっている。

批判が集まっているのはヘイターを挑発しているこの箇所だ。

Cardi took your man, you upset, uh
Cardi got rich, they upset, yeah (from what?)
Cardi put the pussy on Offset (say what?)

ここでCardi Bは婚約者のOffsetについて語り「Cardiは、お前が憧れていた男を奪った、お前は怒る。Cardiはリッチになった、奴らはそれについても怒る。いえー、だからなに?CardiはOffsetとセックスをする。だからなんだって?」と、日に油を注ぐようなリリックとなっている。

このリリックで特に婚約者のOffsetの名前を出したことをCardi Bはヘイターから執拗に批判されているが、その批判に対しCardi Bは猛烈に反撃した。

Cardi BはInstagramのストーリー投稿の1つをTwitterにアップ。この投稿でCardiは「私は全部の曲のリリックに彼の名前を入れたいとしたら、それがなんだってんだ」と、さらに強烈なカウンターを炸裂させた。さらにCardiは「私は彼の一番のファンで、彼は5000万円以上のリングを私の指にハメてくれた。「私は祈りをこめて彼の名前を出しているんだよ。死ぬ時に私が口にする言葉もOffsetだよ」と、今後も楽曲にOffsetの名前を出していくと宣言し、強烈な反撃を終了させた。

こうした騒ぎもあり大きな反響を呼んでいる"Bartier Cardi"はSoundCloudやSpotify、Apple Musicなどでリリースされている。

RELATED

Cardi BとBruno Marsのコラボ曲"Please Me"がリリース

Bruno Marsが"Finesse"のリミックスで共演を果たした、Cardi Bとのコラボ曲"Please Me"を緊急リリースした。

Cardi BがOffsetと結婚カウンセリングを受けていると明かす

昨年の12月に破局が報じられたものの、正式な復縁のために動き出していることが明らかとなっているCardi BとOffsetの夫婦。完全な雪解けまでは時間がかかりそうな二人だが、関係を改善するために二人でカウンセリングを受けているとCardi Bが明かしている。

Cardi BがOffsetと正式に復縁したとの報道

昨年に破局が報じられて以来、Offsetによる涙ぐましい謝罪やプレゼントもあってか復縁に向かっていたCardi BとOffset夫妻。そんな二人が昨日正式に復縁したと報道され、話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。