Cardi Bの"Bodak Yellow"が大ヒット中 | 女性ラッパーとしては2014年以来の高順位に

リアリティ番組『Love And Hip Hop: New York』で注目を集めた元ストリッパーのラッパーCardi Bの、最新シングル"Bodak Yellow"がビルボード・チャートを急上昇している

ビルボードチャートで先週28位から14位にランクアップした"Bodak Yellow"。これはフィーチャリングがない女性ラッパーのソロ曲としては2014年のNicki Minajの"Anaconda"の3位以来となる最高位となる。

"Bodak Yellow"はストリーミングチャートでは13位から6位にランクアップしており、さらにラジオでの放送数も急上昇している。Faderによれば地元のNYだけではなく、アトランタやシカゴなどでもヘビープレイされており、さらなるヒットが期待されている。

RELATED

Megan Thee Stallionが「Nicki MinajとCardi Bの両方とコラボしたい」と語る

先日、Nicki MinajとTy Dolla $ignをフィーチャーしたサマーソング“Hot Girls Summer”を発表したMegan Thee Stallion。そんな彼女がNicki Minajとのコラボをインタビューで振り返っている。

Cardi Bが2020年の大統領選に向けてトランプ大統領を改めて批判|警察による暴力が放置される現状を指摘

かねてより反ドナルド・トランプの立場を明確に表明し、大統領への抗議活動を呼びかけ続けているCardi B。そんな彼女が、2020年の大統領選に向けて改めてトランプの問題点をファンに語っている。

Cardi Bが次期大統領候補バーニー・サンダースのキャンペーンビデオに参加

反トランプの姿勢を強く打ち出し、自身のファンに向けて政治への意識を高めるよう啓蒙活動も行なっているCardi B。そんな彼女が来年の大統領選に向けて、以前より支持を表明している民主党側の大統領候補バーニー・サンダースのキャンペーンビデオに参加したことが明らかとなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。