ガス欠の女性を救ったホームレスに寄付が殺到 | 40万ドルの寄付金で新居を購入

車のガス欠で立ち往生していた女性を助けたホームレスが先月話題となった。助けられた女性が恩返しのためにクラウドファンディングで募金を募ったところ、寄付が殺到。約40万ドルの寄付が集まり、ついに彼は新しい家を買うことができたそうだ。

先月、米フィラデルフィア州で、Kate McClureは車のガソリンが切れて夜間の高速道路で立ち往生していた。近くのガソリンスタンドまで歩くことにしたKate。すると途中でホームレスのJohnny Bobbitt Jr.に声をかけられる。JohnnyはKateに「車に戻って鍵をかけて待っていなさい」と言った。しばらくするとJohnnyはガソリンの入った赤い缶を持って戻ってきた。ホームレスのJohnnyはなけなしの全財産20ドルを使ってKateが帰るためのガソリンを買ってきてくれたのだ。

Kateはその日持ち合わせが無かったので、その場でJohnnyにお金を返すことはできなかったのだが、必ず返すと約束をした。後日、Kateはお金を返し、それからもジャケットや手袋を持ってJohnnyのところを繰り返し訪れるようになる。なにか恩返しがしたいと考え、Kateは交際相手とともにクラウドファンディングで、Johnnyのための寄付金を募ることにした。

10万ドルを目標に立ち上げたこのクラウドファンディング、なんと約二週間で40万ドル(約4500万円)の寄付金が集まった。

先日、クラウドファンディングページで新たにケイトは感謝の言葉と共に、集まった寄付金の使い道を記した文面を公表した。

「まず最初に、このプロジェクトに関わってくれた人々全員に感謝を述べたい。あなた達の優しい言葉、寄付金、そしてこれを拡散してくれたことは、私達とJohnnyにとってとても大きな意味を持ちます」と述べ、続けて寄付金の使い道が発表された。「まず最初の使いみちは、彼に新しい家を買うこと。もう彼は屋根を求めて悩む必要がありません」そして「二つ目は彼の夢であった『1999 Ford Ranger』のピックアップトラックを買います」と記されている。

他にも「彼の名義で信託財産を設ける」、「彼の名義の銀行口座の開設」、「そしてこれまで彼がお世話になった団体へ寄付」することが今後の寄付金の使い道とのことである。

元海軍でホームレスとなってしまっていたJohnnyはBBCラジオのインタビューで「あっという間のできごとだった。人生の第二のチャンスが与えてもらえたことを幸せに思う」と語った。

RELATED

米国で初の大麻由来の処方薬が承認される

米食品医薬局(FDA)は初の大麻由来である治療薬を承認した。大麻抽出成分を含むこの治療薬『Epidiolex』は、重いてんかんの発作を起こす病気の治療向けである。

Lil YachtyとDrakeがフロリダ高校銃乱射事件で生徒をかばい亡くなったアメフトコーチを「スーパーヒーローだ」と称える

14日に米フロリダ州南部の高校で起こった銃乱射事件。アメフト部のアシスタントコーチが生徒たちを庇って撃たれて死亡したと報道されると、Lil Yachtyは彼を「真のスーパーヒーローだ」と称えた。

民間企業が宇宙に巨大なミラーボール型の衛星を打ち上げ、夜空で最も明るい物体を目指す

これからの9ヶ月間、夜空を見上げたらこれまで見えなかったものが見えるようになっているかもしれない。 先週、民間の宇宙開発会社「Rocket Lab」は3つの商業衛星の打ち上げを成功させた。しかし、彼らはそこに他とは異なる目的をもった衛星を一つ忍ばせていたという。それはなんと、巨大なミラーボール...

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。