マヒトゥ・ザ・ピーポーによるチル ・テープコラージュな音響作品『My Final Fantacy』がBLACK SMOKERからリリース

MUSIC  2017.11.29  FNMNL編集部

GEZANのフロントマンであり、青葉市子とのNUUAMMやpeepowとしても活動するマヒトゥ・ザ・ピーポーが、マヒトゥ・ザ・ピ---ZZZ名義で新作『My Final Fantacy』をBLACK SMOKERからリリースする。

この作品は人生の最期、瞼がおちるまでの数秒の間に見るといわれている架空の映画のアンビエント・サウンドトラックとして制作されたもの。

BPMを奪い取ったあとに、ギターやシンセなどすべて本人の手によって演奏されたある意味セルフMIXとも言える、チル・テープコラージュな音響作品。終末に鳴らされる美学の49分のサイケデリアを体験できる。

ジャケットの写真は山谷祐介が撮影、デザインはTakatoshi Takebe。マスタリングはFumitake Tamuraが手がけた。

またこの作品のリリースパーティーも2/4に中野HeavySickZeroで開催。灰野敬二×KILLER-BONGなども出演する。

明け方、ゆっくりと電池切れになってゆくような臨死のサウンド・スケープを抜けると、その先に無数の扉が開いて過去も未来も永遠も選べるような、デジタルに明るい、地獄巡りの50分。帰還不能感がスゴイので気を付けてください。 (大谷能生)

乳白色が耳に染み入るオブスキュア・アンビエント・サウンドスケープ (Merzbow)

「累計動員一人。興行収入ゼロ円。」 日本人の平均寿命は遂に83歳を超え、世界1位をキープし続けている!!!!! つまり”死に際"に見るとされる走馬灯が、それぞれの人生のレトロスペクティヴなのであれば、我々の走馬灯の総尺も比例して大長編化している筈なのだ!!!!!! そして一方では、高齢者の孤独死も増え続けている....そんな孤高の脳内劇場の闇に、死線を彷徨 いながら上映される「MY FINAL FANTACY」....まだ見ぬその映画のサウンドトラックがこれなのか?!!!!!! つまりこのサントラは、人生回顧の為のオーケストラ・リハーサルであり、聴覚だけのハーフ臨死体験なのだ!!!!!!! そして、死と交情を結び、親交を深める....鬼才、マヒトゥ・ザ・ピーポーが、すべての独居老人予備軍に捧ぐ、これは一つのミュージックセラピーでもある!!!!!! これから封切られる「MY FINAL FANTACY」!!!!! 公開日は全く未定であるが、勿論、鋭意製作中である!!!!!! 監督は私。脚本は私。編集は私。主演も私。初日の舞台挨拶も私。観客も 私.....。そして音楽は、マヒトゥ・ザ・ピーポー!!!!!!!!! 累計動員一人。興行収入ゼロ円。この映画、ロードーショー 前から決まっていることがどうやら沢山あるらしい....。
(宇川直宏)

白も赤らしい (KILLER-BONG)

そのスケールが、繊細とかそういうことの先にあって、でもさびしいんだろうな、って思った。最後とか最期とかよくわかんないけど始まりだってよくわからないんだから、やることやるだけなんだと囁かれた気がする。 今泉力哉(映画監督)

Info

bsmx078j

マヒトゥ・ザ・ピ---ZZZ / My Final Fantacy

MIXCD
BSMX-078
¥1620

発売日:12/21

http://blacksmoker.cart.fc2.com/ca507/447/p-r-s/ 

BLACK SMOKER RECORDS PRESENTS 『マヒトゥ・ザ・ピ---ZZZ Release Party!!!』
2/4(SUN) at 中野HeavySickZero 19:00-
LIVE:
灰野敬二×KILLER-BONG
マヒトゥ・ザ・ピ---ZZZ
and more!!!!!

MUSIC

FASHION

CULTURE