Lil Peepのチームがファンへのオフィシャルメッセージを発表 | 未発表曲のリリースも予定

Lil Peepのマネージメントがグッズや未発表の作品に関する公式のアナウンスを本日行った。声明からは、直近ではないものの将来的にLil Peepに関するチャリティーグッズや未発表曲がリリースされることを示唆されている。

 

訳:

全てのLil Peepファンへ

Peepは本当に素晴らしいファンたちを持ちました。私たちは皆さんを愛しています。グッズについてはすぐにリリースできるような状態でありません。現在私たちは深い悲しみの中にあり、また葬儀の準備に集中をしているからです。

しかしながら、私たちは愛すべきファンの皆さんによる、PeepのチャリティーグッズによってGusや彼の家族をサポートしたいという多くの声に圧倒されました。

信頼の確保のために、Lil Peepのグッズや音楽などに関しては、Lil Peepの公式のInstagram、Twitter、Facebookによってのみアナウンスをさせていただきます。

11月16日までのPeepによる投稿は全てそのまま残ります。もし、情報がLil Peepのソーシャルメディアからでない場合、公式ではありません。

Peepはグッズをデザインし、売ることを愛していました。彼はファンが追加の生産などを希望するといつもそれに応えたがっていました。私たちは彼が望んでいるだろうと私たちが信じることを続けることで、Peepの名声に栄誉を与え続けたいと思います。

Gusよ安らかに

これに加え、先日はInstagramでLil Peepの母親であるLiza Womackも、アルバムのキャンペーンや未発表曲についてのコメントを出している。

 

I agree with this. Also look for more music in the future

A post shared by Liza Womack (@kathrynhollowoak) on

キャンペーンとは、Lil Peepのデビューアルバム『Come Over When You're Sober, Pt. 1』をビルボードチャートで1位にしようというもの。このキャンペーンを最初に始めたのはPeepのメインプロデューサーの1人だったsmokeasacで、「もしみんながPeepをサポートしたいなら、一緒に『Come Over When You're Sober, Pt. 1』をビルボードの1位にしようぜ。」とInstagramに投稿した。また、smokeasacは「美しい未発表曲がある」というコメントも出している。

Peepの母親はInstagramでsmokeasacの投稿をRepostし、「これに賛成だわ。そして、新しい音楽も楽しみにしてるわ。」と投稿している。

 

RELATED

Lil Peepのドキュメンタリーの監督が「彼を俳優にしたいと思っていた」と語る

エモラップの第一人者として人気を集めながらも2017年に急逝したLil Peep。そんな彼のドキュメンタリー映画『Everybody’s Everything』が、テキサス州オースティンにて開催されたSXSWにて初公開された。ドキュメンタリーは名匠テレンス・マリックがプロデュースを手がけることでも注目されたが、同作の監督の一人であるSebastian Jonesが「彼を映画にキャスティングしたいと思っていた」と発言したことが話題となっている。

故Lil Peepによるニューアルバム『Come Over When You're Sober, Pt. 2』が本日リリース

1年前に21歳の若さでオーバードースによって亡くなったLil Peepの未発表音源を盟友であるプロデューサーのSmokeasacがまとめあげた作品となっていて、音源は前作リリース後にレコーディングされたものだという。

テレンス・マリックがプロデュースするLil Peepのドキュメンタリーが制作中ということが明らかに

昨年11月に急逝したラッパーのLil Peep。死後にリリースされるアルバム『Come Over When You’re Sober, Pt.2』の制作についてフィーチャーした記事がNY Timesに掲載されている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。