Lil Peepのドキュメンタリーの監督が「彼を俳優にしたいと思っていた」と語る

エモラップの第一人者として人気を集めながらも2017年に急逝したLil Peep。そんな彼のドキュメンタリー映画『Everybody’s Everything』が、テキサス州オースティンにて開催されたSXSWにて初公開された。ドキュメンタリーは名匠テレンス・マリックがプロデュースを手がけることでも注目されたが、同作の監督の一人であるSebastian Jonesが「彼を映画にキャスティングしたいと思っていた」と発言したことが話題となっている。

Varietyによると、JonesはLil Peepの死の3日前に彼のライブを観に行っていたのだという。その経験を振り返って、「私は彼にとても惹かれて、彼を映画にキャスティングしたいと思いました」と語っている。テレンス・マリックはLil Peepの家族と親交があるため、Jonesは彼に「Lil Peepが出演する映画を撮りたい」と話していたそう。しかしその後間も無くしてLil Peepは亡くなってしまい、彼の映画はドキュメンタリーという形で完成することとなったようだ。

『Everybody’s Everything』のもう一人の監督でありLil PeepのMVの監督も務めていたRamez Silyanは、生前のLil Peepが映画の出演に意欲を見せていたことを明かしている。「彼は俳優になりたがっていたし、才能も持っていました。彼はあらゆることをやりたいと思っていたんです」という言葉から、彼が俳優の才能を持っており、映画への出演が望まれていたことが分かる。

強い個性を持つLil Peepが出演する映画を観てみたかったファンは数多く存在することだろう。まだプレミア上映されたばかりの『Everybody’s Everything』だが、日本での公開決定が待たれる。

RELATED

故Lil Peepによるニューアルバム『Come Over When You're Sober, Pt. 2』が本日リリース

1年前に21歳の若さでオーバードースによって亡くなったLil Peepの未発表音源を盟友であるプロデューサーのSmokeasacがまとめあげた作品となっていて、音源は前作リリース後にレコーディングされたものだという。

テレンス・マリックがプロデュースするLil Peepのドキュメンタリーが制作中ということが明らかに

昨年11月に急逝したラッパーのLil Peep。死後にリリースされるアルバム『Come Over When You’re Sober, Pt.2』の制作についてフィーチャーした記事がNY Timesに掲載されている。

Quavoがソロアルバム収録曲で故Lil Peepをディスしたと見られているラインについて弁解

先週初のソロアルバム『QUAVO HUNCHO』をリリースしたQuavo。DrakeやTravus Scott、Kid Cudiなど豪華なゲストを迎えた同作は大きな注目を集めているが、その中に収録された“Big Bro”のあるラインが物議を醸している。 「お前はザナックスをやってると思...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。