グラミー賞候補作が発表 | 最多ノミネートはJay-Zの8部門、Kendrick Lamarは7部門にノミネート

第60回を迎えるグラミー賞の各部門の候補作が先ほど発表された。

最優秀レコード賞や最優秀楽曲賞など最多の8部門にノミネートされたのは今年アルバム『4:44』をリリースしたJay-Z。その次に続くのが最優秀レコード賞、最優秀アルバム賞や、ベストラップアルバム賞など7部門にノミネートされたKendrick Lamarだ。

ベストラップアルバム賞には『4:44』やKendrick Lamarの『DAMN.』に加え、Migosの『Culture』、Rapsodyの『Laila's Wisdom』、Tyler, The Creatorの『Flower Boy』がノミネート。

最優秀ラップソング賞にはCardi Bの"Bodak Yellow"、Kendrick Lamarの"HUMBLE."などがノミネートされている。さらに最優秀ラップ・パフォーマンス賞にはCardi Bが同じく"Bodak Yellow"でMigosが"Bad & Boujee"でノミネート。

またベストニューアーティスト賞にはLil Uzi VertやKhalid、SZAなどが名前を連ねており、ヒップホップアーティストが多くの主要部門に名前を連ねる結果に。

グラミー賞の発表は1/28となる。すべての候補作リストはこちらから。

RELATED

Post Maloneのアルバム『Beerbongs & Bentleys』がグラミー賞のラップアルバム部門ではなくポップ部門にノミネートか

すでに候補の選出が始まっているグラミー賞2019。今回のグラミーは新しく改訂されたルールの下で選出が行われるということが伝えられているが、そこでPost Maloneの大ヒット作『Beerbongs & Bentleys』のジャンル分けが議論の対象となっている。

レコーディング・アカデミー会長が批判を受けた「女性アーティストはもっとステップアップする必要がある」という発言を釈明

60回目を迎えた今年のグラミー賞は女性アーティストへ遺恨を残す結果となった。女性アーティストの受賞の受賞が少なかったため、結果を見たオーディエンスからは不満の声が挙がり、ソーシャルメディア上では、"#GrammysSoMale"というハッシュタグがトレンド入りした。 そして、もうひとつ今回のグラミー賞で物議を醸したのが、グラミー賞を主催するレコーディング・アカデミーの会長である二ール・ポートナウだ。今回のグラミー賞で女性の受賞が少なかったことについて、彼は「もっとステップアップする必要がある。我々はそれを歓迎している」とVarietyの取材に応えている。これはFNMNLでも紹介した。後日、その発言を受けた女性オーディエンスからの反対意見が殺到した。

グラミー賞を主催するレコーディング・アカデミーの会長が女性アーティストは「もっとステップアップする必要がある」と語る

昨日開催された60回目のグラミー賞。ラップ部門を完全制覇しつつも、Bruno Marsに阻まれ主要賞には届かなかったKendrick Lamarも話題になった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。