Vince Staplesがアルバム『Big Fish Theory』はグラミー賞のベスト・エレクトロニック・アルバム賞にふさわしいとコメント

今年もすでにDrakeがボイコットをするなど、波乱の予感がするグラミー賞。近年ではその選考プロセスの不透明さなどが問題となっているが、Vince Staplesはカテゴリー分けについて持論を持っているようだ。

今年Vince Staplesがリリースしたアルバム『Big Fish Theory』は、通常ならラッパーのアルバムなので、ノミネートされるとしたらベスト・ラップ・アルバム賞となるが、VinceはNPRのインタビューで自身のカラフルで様々なジャンルを折衷したアルバムは、ベスト・エレクトロニック・アルバム賞にふさわしいと語っている。

「おれが見たところ、ほかのベスト・エレクトロニック・アルバム賞にノミネートされそうなアルバムより、おれのアルバムの方がいい」とVinceは語り、こう続ける。「おれはとても正直だから、他の人々の作品にも感謝をささげている。それに自分を一番最初にしたいとは思ってはいないが、でもおれのアルバムが正直一番いけてる。だからおれのアルバムはベスト・エレクトロニック・アルバム賞にふさわしいんだ」と持論を展開する。

「ただそうはならない」とVinceは続ける。それはVinceがアルバムでラップをしているからで、「それはナンセンスだ。おれの作品は誰よりも優れているのに」と語っている。

さらにインタビューに念を押すかのようにVinceはグラミー賞のアカウントに@マークを飛ばし、「『Big Fish Theory』はグラミー賞ベスト・エレクトロニック・アルバムである」とツイートを行った。

果たしてVinceの願い通りに同作はベスト・エレクトロニック・アルバムにノミネートされるのだろうか?ノミネート作品は11/28に発表される。

RELATED

Vince Staplesが「音楽を聴くのが嫌いだ」と語る

現代のヒップホップシーン随一のひねくれ者であるVince Staplesが、またしても独特な考えを披露した。今回、GQのインタビューに登場した彼は1人のアーティストであるにもかかわらず「音楽を聴くのが嫌いだ」と語ったのである。

GQの「クリーンなアーティスト特集」に登場したVince Staplesが自分の他にラッパーが出ていないことを疑問視

ドラッグを完全に断ったと告白したA$AP Rockyや「リーンをやめた」と発言したFutureなど、ラッパーの間でドラッグの使用をやめる動きが活発化している。そんな中かねてよりストレートエッジを貫いていることで知られているVince StaplesがGQの「クリーンなアーティスト特集」に登場するも、そこで取り上げられたアーティストのセレクトに異議を唱えている。

Vince Staplesがアルバムとミックステープの違いを契約の観点から語る

音楽シーンにおいて作品の形というのはシングルやアルバムだけではない。EPや基本的に無料で聞くことの出来るミックステープなど様々な形が存在する。アーティストによってそれぞれ何が異なるのかというのは違ってくるだろうが、レーベル契約がその違いにとって重要になってくるのは言うまでもない。そんな中、Vince Staplesが彼自身の考えるアルバムとミックステープの違いについて語った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。