2 Chainzが地元の市長になりたいと再び明かす

ジョージア州の都市カレッジパーク出身の2 Chainzがいつか地元の市長になりたいと人気番組『ザ・デイリー・ショー』に出演した際に述べた。

2 Chainzは2015年にもカレッジパークの市長になりたい旨を発表しており、今回が2回目となるが、今すぐということではなく市長になるための必要な知識などが備わるまで待ってほしいとも語っている。

「おれはカレッジパーク出身だ、アトランタの近くにある自分の都市とコミュニティーにおれは情熱を持っている」と話す2 Chainzは、現在の市長が20~30年以上市政を握っており、多くの市民が変化を求めていることも明かした。

ただ2 Chainz自身はまだそのタイミングではないとも考えているようで、しかるべきタイミングで出馬すると話している。

出馬する際の政策については医療用のマリファナの合法化もその中に入っていという。2 Chainzは「医療用マリファナはおれの中でアヘンの代替案としてある、おれはコミュニティーのためにおれが正しいと思うことからスタートしていく」と述べた。

RELATED

今年のXXL FreshmanについてJoey Bada$$と2 Chainzがコメント

毎年の恒例企画であるXXL Freshmanが先日発表され、Lil PumpやSmokepurpp、Blocboy JBやSki Mask The Slump Godなどのラッパーが表紙を飾ることになったが、これについてJoey Bada$$と2 Chainzがコメントしている。

2 Chainzの5歳の娘がお父さんと一緒にラップスキルを披露

ラッパーの2 Chainzといえば母親に対する感謝を綴った楽曲"Proud"のミュージックビデオでは、実母を登場させたりもしているが、家族に対してサービス精神が旺盛のようだ。

Jay Parkが2 Chainzをフィーチャーした新曲“Soju”をリリース

Jay ZのレーベルRoc Nationに所属し、自身でもレーベルAOMGを運営する韓国のラッパーJay Parkが、2 Chainzをフィーチャーした新曲“Soju”を発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。