2 ChainzがPop Smokeの死について「成功は危険なことだ」と語る

ブルックリンドリルの旗手として今後を期待されながら、わずか20歳という若さで銃撃により命を落としたPop Smoke。彼の死について、2 Chainzがメッセージを発表している。

Complexによると、2Chainzは昨日自身のInstagramを更新。「成功は危険なことだ。 成功したい者は、それを知っておくべきだ」というメッセージを公開している。

キャプションには「サンフランシスコでは撃たれて、メリーランド、LA、ニューヨーク、オクラホマで逮捕された(中略)これは全部、俺が“ラッパー”になった後に起こったことだ。無事に家に帰れるよう、文字通り祈ってなきゃいけない。もし無事に帰れなかった場合…冥福を祈る」と、自身がラッパーとして経験したハードな出来事を明かした上で、有名になり成功することのリスクが綴られ、彼なりの追悼が行われている。

ラッパーとして大きな成功を手にしたことから、危険な目に幾度も遭ったという2 Chainz。彼の言う通り、Pop Smokeのキャリアが上昇していたことから命が狙われてしまったという部分も事件にはあるため、成功に大きなリスクが伴うアメリカという特殊な社会の残酷さを実感させられるばかりだ。

果たしてラッパーとしての成功を目指す若者たちの身に危険が降りかからない時代はやってくるのだろうか?

related

Pop Smokeの遺作でのリリックをきっかけにPusha TとYoung Thugとの間でビーフが発生

先週金曜日にリリースされた、故Pop Smokeの最初で最後のアルバム『Shoot For The Stars Aim For The Moon』。同作はVirgil Abloh手掛けるアートワークを巡り議論が起こるなどの騒動もありながら無事リリースとなったが、生前の彼が遺した楽曲でコラボレーションを行なっていたPusha TとYoung Thugとの間に、その楽曲をきっかけとしたトラブルが発生してしまった。

Virgil AblohがデザインしたPop Smokeのアルバムのアートワークが不評を買い変更か

今年2月に銃撃によって命を落としたPop Smoke。彼のデビューアルバムにして最後のアルバムとなる作品が今月リリースされるとアナウンスされていたが、今回、Virgil Ablohが手掛けた同作のアートワークが物議を醸している。

故Pop Smokeのデビューアルバムとなる作品『JUNE 12』が6月にリリース

ブルックリンドリルの旗手として今後を期待されていながら今年の2月に銃撃によって惜しくも命を落としたPop Smoke。彼の遺作にしてデビューアルバムとなる作品『JUNE 12』が6月にリリースとなることが発表された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。