2 Chainzの新作をKanye Westが全曲プロデュースする予定であったことが明らかに

来週金曜日にニューアルバム『So Help Me God』をリリース予定の2 Chainz。そんな彼が、Kanye Westとアルバムを制作するプロジェクトを始動させていたことを明かした。

Geniusによると、Complexのインタビューに応えた2 ChainzはKanye Westが今回の『SoHelp Me God』のプロデュースを手がける予定であったと明かし、「実は、彼はプロジェクト全体をやりたがっていたんだけど、今はDef Jamとの契約を抜け出そうとしているところなんだ」と、Def Jamとの契約の関係で計画が頓挫したことを明かしている。彼は今年に入りDef Jamから離脱することを仄かしており、今回のインタビューでも「俺は長い間Def Jamに居て、ホームのような場所だった。そこには悪い血は流れていない。彼らがやっていることも好きだよ。でも、今は俺の人生が別の段階に移る時なんだよ」と、関係の悪化は無いものの新たなステージを模索するためにDef Jamを離れる意志を語っている。

またKanyeとの制作についても「彼はまだ俺のためにアルバムをプロデュースしようとしているし、まだ行ったり来たりしているけど、今はとにかくアルバムをリリースする時なんだ。彼は今やることを沢山抱えているしな。このプロジェクトにも彼が参加した部分があるけど、その部分のネタバレはしたくない。最初は、彼が全部の曲をやる予定だったんだ。(中略)それが次のアルバムになろうと、そのまた次になろうと、それが実現するってことは知っておいてもらいたい」と、今回の『So Help Me God』にもKanye参加の楽曲が含まれていること、また今後Kanyeのフルプロデュースによるアルバムをリリースする計画であることを明かした。

『So Help Me God』というタイトルが明らかになった時点でKanyeの関与を噂するファンは多かったようだが、当初彼が全曲をプロデュースする予定であったとの事実は興味深い。今後制作される2 ChainzとKanyeのコラボ作がどのような作品に仕上がるか、という点も気になるところだ。

2 Chainzのインタビューはこちらから読むことが出来る。

related

【レビュー】Kanye West 『DONDA』|ゴスペルの完成または..

度重なるプレリリースイベントを経て、Kanye Westが8月末にリリースした新作『DONDA』。Kanyeが最も愛した実母の名前を冠したこのアルバムは、幾度となくリリース予告がされていたこともあり重要な作品と目されており、リリースと同時に大きな反響を呼び、久しぶりの商業的な成功を彼に与えることに...

Kanye WestとGAPによるYEEZY GAPのラウンドジャケットの先行予約がスタート

Kanye WestとGAPによる話題のプロジェクトYEEZY GAPから、目玉アイテムとして発売前から話題になっていたラウンドジャケットのブラックの先行予約がスタートした。

Kanye WestのドキュメンタリーがNetflixに3000万ドルで購入される

アルバム『JESUS IS KING』以降まとまったリリースは無いながらも、昨年の大統領選やKim Kardashianとの離婚、GAPとのコラボレーションなど何かと話題の尽きないKanye West。そんな彼のドキュメンタリーが、Netflixに高額で買収されたことが報じられている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。