Pop Smokeの死の詳細が明らかに|Quavo、Nicki Minajらが追悼

昨日夜に突如として報道され、全世界のファンに衝撃を与えたPop Smokeの死。その詳細が報じられている。

XXLによると、Pop SmokeがAir BnBでレンタルしていたLAの拠点である自宅に、マスクとパーカーを着用した最低でも4人以上の男性が侵入した様子が監視カメラに残されていた。彼らが侵入したのはPop Smokeが帰宅しドアに鍵をかけた10分後の出来事であったという。男たちが侵入した際に家の警報機が作動しなかったことも判明している。

警察は事件がギャングに関連するものであるとの見方を公表しており、これまでに彼が起こした事件との関連性を調査しているとのこと。また彼は事件の前日自宅に送られてきた荷物の写真をSNSに投稿しており、その際に住所が誤って公表されていたことが犯行の手助けになったのではないか、との推測も広がっている。

Pop Smokeの死を受けて多くのアーティストが追悼のコメントを発表しており、先日リリースされた彼の新作『Meet The Woo 2』に参加していたQuavoは自身のInstagramにて「才能があり、謙虚で、敬意と感謝に満ちていた。いつも質問をしていて知識に貪欲で、学ぶのが速かった」と思い出を振り返っている。

また彼の代表曲“Welcome To The Party”のリミックスを発表したNicki MinajもInstagramにて聖書を引用した追悼のコメントを発表。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Bible tells us that jealousy is as cruel as the grave. Unbelievable. Rest In Peace, Pop.

Barbie(@nickiminaj)がシェアした投稿 -

さらにChance The Rapper、Lyrical LemonadeのCole Bennet、Tay Keithなど多くの人々から追悼と悲しみの声が寄せられている。

今後ヒップホップシーンを牽引することが期待されていたPop Smokeの死。犯人の行方などの続報が待たれる。

related

Pop Smokeの遺作でのリリックをきっかけにPusha TとYoung Thugとの間でビーフが発生

先週金曜日にリリースされた、故Pop Smokeの最初で最後のアルバム『Shoot For The Stars Aim For The Moon』。同作はVirgil Abloh手掛けるアートワークを巡り議論が起こるなどの騒動もありながら無事リリースとなったが、生前の彼が遺した楽曲でコラボレーションを行なっていたPusha TとYoung Thugとの間に、その楽曲をきっかけとしたトラブルが発生してしまった。

Virgil AblohがデザインしたPop Smokeのアルバムのアートワークが不評を買い変更か

今年2月に銃撃によって命を落としたPop Smoke。彼のデビューアルバムにして最後のアルバムとなる作品が今月リリースされるとアナウンスされていたが、今回、Virgil Ablohが手掛けた同作のアートワークが物議を醸している。

故Pop Smokeのデビューアルバムとなる作品『JUNE 12』が6月にリリース

ブルックリンドリルの旗手として今後を期待されていながら今年の2月に銃撃によって惜しくも命を落としたPop Smoke。彼の遺作にしてデビューアルバムとなる作品『JUNE 12』が6月にリリースとなることが発表された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。