Lil Peepの死因はオーバードーズの可能性が高いと検死官が語る | 母親とマネージメントチームがメッセージを発表

MUSIC  2017.11.17  FNMNL編集部

昨日21歳の若さでこの世を去ったLil Peepの死因はまだ正式には発表されていないが、ドラッグによるオーバードーズによるものの可能性が高いと検死官が明かしたとPitchforkが伝えている

Lil Peepは今年リリースされたアルバム『Come Over When You're Sober』のツアーでアリゾナ州のツーソンに滞在中だった。彼はツアーバス内で昏睡状態で発見され、発見者が救急治療を試みたが彼を助けることはできなかったとCNNは報道している

またPeepの死因が確定するには6~8週間の検査後との見通しも明らかになった。

Peepが死ぬ前日にInstagramに"When I die You'll love me"(=おれが死んだら、お前はおれを愛するだろう)というキャプションの投稿をしたことで、自殺説もささやかれていた。

When I die You'll love me

@lilpeepがシェアした投稿 -

Peepとパートナー関係にあったFirst Access Entertainmentの代表のSarah Stennettは、それを否定し以下のコメントを発表した。

「とてもショックを受けており、悲しい。私にはPeepが死にたがっていたとは思えないし、とてつもなく悲劇的なことだ。彼は未来に大きな目標と夢を持っていたし、彼はそれを私やチーム、家族、友人と共有していた。彼はとても知的で、ものすごくクリエイティブで、カリスマ性があって、紳士的でチャーミングだった。彼は大きな野望を持っていて、彼のキャリアは盛り上がってきていた。」

またSarah StennettはPeepの母親からのメッセージも代読、「彼女は私に、「母親として息子が彼の短い人生で達成できた全てのことを、とてもとても誇りに思っている」と伝えて欲しいと依頼してくれた。また彼女は「息子のことをサポートしてくれて愛してくれたファンにとても感謝している」とも言っていたという。

Lil Peep、本名Gustav Åhrは11/16に21歳の短いしかし濃厚な人生を終えた。彼の残したエモーショナルなサウンドは、今後もラップ史に刻み続けられることだろう。

MUSIC

FASHION

CULTURE