Lil Peepの死因はオーバードーズの可能性が高いと検死官が語る | 母親とマネージメントチームがメッセージを発表

昨日21歳の若さでこの世を去ったLil Peepの死因はまだ正式には発表されていないが、ドラッグによるオーバードーズによるものの可能性が高いと検死官が明かしたとPitchforkが伝えている

Lil Peepは今年リリースされたアルバム『Come Over When You're Sober』のツアーでアリゾナ州のツーソンに滞在中だった。彼はツアーバス内で昏睡状態で発見され、発見者が救急治療を試みたが彼を助けることはできなかったとCNNは報道している

またPeepの死因が確定するには6~8週間の検査後との見通しも明らかになった。

Peepが死ぬ前日にInstagramに"When I die You'll love me"(=おれが死んだら、お前はおれを愛するだろう)というキャプションの投稿をしたことで、自殺説もささやかれていた。

When I die You'll love me

@lilpeepがシェアした投稿 -

Peepとパートナー関係にあったFirst Access Entertainmentの代表のSarah Stennettは、それを否定し以下のコメントを発表した。

「とてもショックを受けており、悲しい。私にはPeepが死にたがっていたとは思えないし、とてつもなく悲劇的なことだ。彼は未来に大きな目標と夢を持っていたし、彼はそれを私やチーム、家族、友人と共有していた。彼はとても知的で、ものすごくクリエイティブで、カリスマ性があって、紳士的でチャーミングだった。彼は大きな野望を持っていて、彼のキャリアは盛り上がってきていた。」

またSarah StennettはPeepの母親からのメッセージも代読、「彼女は私に、「母親として息子が彼の短い人生で達成できた全てのことを、とてもとても誇りに思っている」と伝えて欲しいと依頼してくれた。また彼女は「息子のことをサポートしてくれて愛してくれたファンにとても感謝している」とも言っていたという。

Lil Peep、本名Gustav Åhrは11/16に21歳の短いしかし濃厚な人生を終えた。彼の残したエモーショナルなサウンドは、今後もラップ史に刻み続けられることだろう。

RELATED

Lil PeepとXXXTentacionによるコラボチューンがリリースへ

惜しくも命を落としてしまったLil PeepとXXXTentacion。死後も多くの注目を集め続けている2人のラッパーによるコラボチューンが近日リリースされるという。

【コラム】ラップと新しいエモーションの季節

先日衝撃的な死を遂げたXXXTentacionを筆頭に、現在アメリカのヒップホップシーンの中で大きなカテゴリーとなっている「エモラップ」。「オルタナティブヒップホップ」と呼称されることもあるこのジャンルの特長は、トラップビートとグランジやエモのようなオルタナティブロックに影響されたサウンド、そして内省的かつ鬱屈した心情を吐き出すかのようなリリックである。

故Lil Peepがドラッグや鬱、未来について語った未公開インタビュー

昨年末にドラッグによるオーバードーズで亡くなったLil Peep。 これまでにも生前の未公開インタビューが発表されてきたが、新たにドイツのウェブサイトZNovaが2017年に行ったインタビューが公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。