Eminemの新曲には「マンブルラップ」への苛立ちが影響しているとRick Rubinが明かす

MUSIC  2017.11.11  FNMNL編集部

Eminemが昨日Beyoncéをフィーチャーしたニューシングル"Walk on Water"をリリースした。この楽曲についてEminemがプロデューサーのRick RubinとジャーナリストのMalcolm Gladwellがホストを務めるPodcastで語っている。

Eminemがこの新曲を作ったことの動機として、Rick Rubinはいわゆるマンブルラップと呼ばれるフロウでラップする新世代への苛立ちがあったと明かす。Eminemにとってはマンブルラップは「カルチャーショックで、それは彼とは全く断絶した新世代のヒップホップだったから」とRubinは明かし、EminemがマンブルラップについてRubinに語った際、「イラついているように見えた」と話している。

Eminemは新曲について「致命的な曲だ」と話し、「スーパーマンではないから、おれがこれまで毎回書いてきたような最高のものができなかったとしたら」という思いで書いた曲だと話している。

ラップゴッドと呼ばれてきたEminemだが新曲では「おれは水の上を歩いている。でもおれは神ではない。おれは水の上を歩く、凍っているときだけ」と自身が神ではなく1人のラッパーとしてもがいている様を表現している。

MUSIC

FASHION

CULTURE