Eminemの新曲には「マンブルラップ」への苛立ちが影響しているとRick Rubinが明かす

Eminemが昨日Beyoncéをフィーチャーしたニューシングル"Walk on Water"をリリースした。この楽曲についてEminemがプロデューサーのRick RubinとジャーナリストのMalcolm Gladwellがホストを務めるPodcastで語っている。

Eminemがこの新曲を作ったことの動機として、Rick Rubinはいわゆるマンブルラップと呼ばれるフロウでラップする新世代への苛立ちがあったと明かす。Eminemにとってはマンブルラップは「カルチャーショックで、それは彼とは全く断絶した新世代のヒップホップだったから」とRubinは明かし、EminemがマンブルラップについてRubinに語った際、「イラついているように見えた」と話している。

Eminemは新曲について「致命的な曲だ」と話し、「スーパーマンではないから、おれがこれまで毎回書いてきたような最高のものができなかったとしたら」という思いで書いた曲だと話している。

ラップゴッドと呼ばれてきたEminemだが新曲では「おれは水の上を歩いている。でもおれは神ではない。おれは水の上を歩く、凍っているときだけ」と自身が神ではなく1人のラッパーとしてもがいている様を表現している。

RELATED

Beastie BoysのAd-RockとMike DがEminemのニューアルバム『Kamikaze』のアートワークについて語る

先月末にリリースされてからというもの、数多くの若手ラッパーへのディスなど話題の尽きないEminemのニューアルバム『Kamikaze』。

Eminemが最新作『Kamikaze』でTyler, the Creatorをディスする際に差別用語を用いたことを謝罪

先月8月31日にサプライズリリースされたEminemの最新作『Kamikaze』。Lil Yachty、Lil Pump、Drake、Migos、Machine Gun Kellyなど様々な若手ラッパーへのディスを行なった同作は賛否両論となり大きな話題を呼んだ。

全米オープンで初優勝を成し遂げた大坂なおみが大会中にNicki MinajとEminemを聴いていたと明かす

テニスの全米オープンで初優勝を成し遂げた大坂なおみ選手。ハイチ系アメリカ人の父と日本人の母を持つ大坂は日本に初のグランドスラムシングルス優勝をもたらした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。