Kanye Westが「Yeezy Sound」を商標登録へ | 新たなストリーミングサービスが誕生か?

Kanye WestがYeezy Soundを商標登録していることがGeniusの調べで判明した

正しくはIntend to Use(ITU)といった方法で、使用する予定がある時に申請される。本来、商標登録は使い始めた後に登録をする場合がほとんどだが、ITUでは事前に通常の審査をして問題があれば特許商標局から連絡が行くシステムとのこと。

つまり事業自体はまだ始まっていないが、なんらかのプロジェクトがすでにKanyeサイドでは動きしているらしい。

今ネット上ではこのことに関して様々な予測が立っている。可能性のある3つをピックアップして予想してみたい。

1. iPhone ゲームアプリ

話題には上がっているが未だ実現にまでは至っていないプランとしてI Phoneのアプリ「Only One」がある。Kanyeの母が天国の門から旅してくるのがアイデアの元と話しているように、トレイラーもかなり壮大なものとなっている。

2. アミューズメントパーク

Kanyeは2012年に「ポストグラミーでやりたいことは、都会で働くことかな。アミューズメントパークで働いてみたい。エンターテイメント業界を変えてみたい。」と話している。当時は、Kanyeがアミューズメントパーク建設か?のような見出しが多く立てられたようだが、この発言から5年経ってもアミューズメントパークに関する発言は少ないことから、可能性は低いとみられる。

3. ストリーミングサービス

一番有力なのがこれだ。以前FNMNLではKanye WestとJay Zの間でTidalを巡り不和が生じていることを報道した。

これに関連してKanyeが新たに自身のYeezy Soundの名前をつけたストリーミングサービスを開始するのではないかという噂が流れている。独占配信の形に疑問を抱いていたKanyeはエクスクルーシブ契約は結ばないと発言しており、より自分の考えを反映した、Apple MusicやSpotifyにつぐ新たな音楽コンテンツの登場になるのだろうか?

Kanye Westのこのミステリアスな商標登録、一体裏ではどのようなビジネスが展開されているのだろうか?気になるところである...

RELATED

アフリカ滞在中のKanye Westが「Fela Kutiの魂が宿っている」と発言するも遺族に全否定される

リリースが遅れているニューアルバム『Yahndi』を制作するためにアフリカを訪問中のKanye West。アフリカに発つ前は多くの批判を呼んだトランプ大統領訪問を行うなど、周囲の心配はよそに独自の行動を続ける彼は、滞在中のウガンダでも、32年間もの間、長期政権に居座っている大統領のヨウェリ・カグタ・ムセベニ中将を訪問した。

Lil PumpがKanye Westとの“I Love It”のヴァースを誕生日パーティーの最中に15分でレコーディングしたと語る

渦中のKanye Westが先月Lil Pumpと共にリリースし、大きな話題を呼んだ“I Love It”。スパイク・ジョーンズが参加したユニークなMVによってYouTubeの一週間の再生回数記録を塗り替えるほどヒットした同曲だが、Lil Pumpのヴァースが15分でレコーディングされたものだということが今回明らかになった。

Kanye Westがホワイトハウスで異例の熱弁 | 改めてトランプ支持を表明し失望が広がる

先日より予告されていた通り、現地時間10/11(木)に行われたKanye Westとトランプ大統領のランチミーティング。世界的なニュースにまでなってしまったこの会談だが、中でもトランプ大統領を前に行われたKanyeの10分間に及ぶスピーチは大きな波乱を呼んでいる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。