STAMPDのPOP UPがStyles代官山で開催 | レセプションパーティーにはSONPUBやYUAもDJで登場

カリフォルニアのブランドSTAMPDが、11/10から11/12までPOP UP STOREを東京・Styles代官山で開催する。

今回のPOP-UPでは、日本ではStyles代官山と他数店舗のみの限定発売となるフォトグラファーのJULIEN BOUDETとSTAMPDのデザイナーであるCHRIS STAMPによるフォトブック“Dialogue Through Form” Special Photo Bookをメインに、STAMPD 2017 F/W COLLECTIONも展開される。

フランス生まれフォトグラファーのJULIEN BOUDETは世界中のファッションウィークで撮影したストリートスナップで知られているが、ここ数年間は建築物の撮影に情熱を注ぎ、彼が世界中を旅して出会った様々な建物をレンズに収めてきた。

ニューヨークのパーソンズ美術大学で学んでいた頃に、Le Corbusier(ル コルビュジエ)の建築に触れ、ブルータリズムやミニマリズムに心酔した彼は「建築とファッションにはたくさんの共通点がある。全体のシルエットからパーツ一つ一つに渡る形の思索に、素材の選択、とにかく全部何もかもだ」と語る。

このフォトダイアリーには、ここ4年間の彼の旅で出会った、最も魅力的なデザインと建造物が掲載されている。Colette(パリ), Contraband(カナダ), Storm(デンマーク), Kith(ニューヨーク), I.T.(香港)での世界でも極めて限られたセレクトショップで展開されており、日本国内でも限られたセレクトショップ3店舗のみでの販売となる。

STAMPD_DTF
STAMPD “Dialogue Through Form” Special Photo Book

またPOP UP初日にはSONPUBやYUAなども出演し、誰でも入場できるレセプションパーティーが開催される。

Info

STAMPD

•STAMPD POP-UP at Styles Daikanyama

DATE : 11/10(FRI) - 12TH(SUN)

OPENING RECEPTION PARTY : 11/10(FRI) 18:00 - 21:00
DJ:SONPUB,YUA,James Oliver(THE NEW ORDER MAGAZINE)
VJ:MASATO NAGATA
PLACE:Styles Daikanyama
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町11-8 メゾン代官山1F
( https://goo.gl/maps/so26jNymLuw )

※RECEPTION PARTYはどなた様も入場可能です。

INFO:
Styles Daikanyama
TEL 03.6415.7722
http://www.styles-tokyo.jp

related

森山大道のドキュメンタリー映画『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道』の上映に関連した写真展が開催

4/30(金)に公開となる写真家の森山大道のドキュメンタリー映画『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道』の上映を記念して、写真展が東京工芸大学写大ギャラリーで3/22(月)から開催される。

cherry chill will.が2年ぶりの個展『ALL I NEED IS ONE MOMENT』を福岡で開催 | ANARCHYとBADSAIKUSHとのスペシャルコラボアイテムも登場

日本のヒップホップシーンを代表する写真家のcherry chill will.が、2年ぶりの個展『ALL I NEED IS ONE MOMENT』を福岡のSORToneで12/18(金)から開催する。

元プロスケーターで映像作家・写真家のGreg Huntによる日本初のアートショーがビームス T 原宿で開催

ビームス T 原宿で11/20(金)から元プロスケーターで映像作家・写真家として活躍するGreg Huntの、日本初のアートショーが開催される。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。