Post Maloneの"Rockstar"の全米1位獲得を後押しした、ある奇妙なループビデオ

今週のビルボードシングルチャートで1位となったPost Maloneが21 Savageをフィーチャーした楽曲"Rockstar"

2人のアーティストにとっても、初めての1位となったこの楽曲の大ヒットの影にはある1本の不思議な動画が潜んでいたとFaderが指摘している。

上記のビデオがそれだ。このビデオ実は、3分38秒間にわたりずっと同じPost Maloneによるコーラスの箇所をループし続けているというもの。Post Maloneや21 Savageのバースも入ってこずに、延々と同じ箇所が繰返されているだけだ。しかしこのビデオはフェイクビデオではなく、リリース元のレーベルであるRepublic Recordsがアップしており、すでに4300万回もプレイされており、このビデオの再生回数もビルボードチャートのカウントには入る、たとえずっと同じループになっていてもだ。

さらにこのビデオの巧妙なところは、ビデオの詳細部分にFULL SONG HEREという文言とともにリンクが貼ってあり、そのリンクがApple MusicやSpotifyなどのストリーミングサービスのリンク先になっているということ。リスナーはこのビデオでは満足ができないので、1曲全体を聴こうと思ったら必ずどこかのストリーミングサービスで再生することになる。つまりこのビデオを再生すると、かなりの確率で2再生分が稼げてしまうのだ。

このやり方は、確かに今のストリーミングが優勢の音楽業界においては、とてもクレバーなマーケティング手法かもしれないが、"Rockstar"を聴きたいと思っているリスナーにとっては誠実なやり方といえるのだろうか?

RELATED

アメリカで多くの企業がストリーミングサービスの音楽をBGMで使用 | 毎年26億ドルの損害が出ているとの試算が発表

SpotifyやApple Musicなどのストリーミングサービスは、我々音楽ファンにとってインターネットで合法的に音楽を楽しむための最高の手段だろう。しかし、個人レベルならともかく企業にとってはストリーミングサービスを使用することは必ずしも正しいことではないようだ。

Post Maloneのアルバム『Beerbongs & Bentleys』がグラミー賞のラップアルバム部門ではなくポップ部門にノミネートか

すでに候補の選出が始まっているグラミー賞2019。今回のグラミーは新しく改訂されたルールの下で選出が行われるということが伝えられているが、そこでPost Maloneの大ヒット作『Beerbongs & Bentleys』のジャンル分けが議論の対象となっている。

Spotifyが10周年 | 最もストリーミングされたアーティストや楽曲のランキングを発表

世界最大級の音楽プラットフォームSpotifyは今月でローンチから10周年を迎えた。それを記念して、Spotifyがこの10年間で最もストリーミングされたアーティスト、楽曲、アルバムのランキングを発表している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。